Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジャパンフェスティバルは7月16日にベルパークに戻ります

2019年に最初に開催され、その後パンデミックの際に中止された、タカコボイルの日本の芸術、食べ物、文化の祭典が帰ってきました

パンデミックによる2年間の休止の後、日本フェスティバルは7月16日にサドベリーに戻ります。

最初のフェスティバルは2019年に開催され、主な主催者であるタカコボイルがサドベリーでの日本の文化的表現のギャップに気づきました。

「ここには小さなコミュニティがあります」とボイルは言いました。 「ここで日本人を構成する20人のように。だから私たちは自分たちの文化のように感じる何かが必要です。」

このお祭りは、日本の芸術、食べ物、文化を祝うものであり、サドボリアの人々と文化を共有する機会です。

ボイル氏はまた、新しい移民が日本とのつながりを感じ、日本の文化を次世代に引き継ぐためのコミュニティを作ることが重要だと述べた。

「日本の文化をサドボリアンと共有することで、私のコミュニティとのつながりを深め、文化を次世代に引き継ぐことができるようになることを願っています」とボイル氏は述べています。 「これは毎年恒例のフェスティバルの重要性です。フェスティバルは私たちを過去と連絡を取り合い、未来を方向付けるのに役立ちます。」

ボイルがフェスティバルの計画と彼女の新しいレストランのオープンに一気に取り組んだため、今年のフェスティバルの準備は簡単ではありませんでした。

彼女は3月からフェスティバルを計画し、新しいレストランを開く準備をしています。

「」ココアキッチン伝統的な職人技を駆使して各メニューを作る日本のファーストフード店です。2ヶ月の忙しさにもかかわらず、ボイルは6月4日にウェストマウントアベニュー434番地にあるレストランをグランドオープンしました。

フェスティバルの計画も出てきています。 2019年にベルパークのバルコニーで最初のフェスティバルが開催されました。今年、ボイルはそれを改善する予定です。

今年の日本フェスティバルは、7月16日土曜日の正午から午後6時30分までグレースハートマン円形劇場で開催されます。

フェスティバルには、トロントとオタワの専門家が主催する武道や太鼓のワークショップなどのエンターテイメントやアクティビティが満載です。

太鼓は、日本のお祭りや伝統芸能で演奏される日本の伝統的な太鼓です。

食料品店もあり、タカコは、サドボリアンが楽しめる餅を持ち込む予定です。

7月16日に開催されるお祭りをチェックして、日本の伝統文化を楽しみましょう。

READ  英国が「目を覚ます」とアン・ロビンソンが爆発する:「何をすべきかを言われることにうんざりしている!」 | イギリス| ニュース