Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジュニアグランプリファイナルのショートプログラムで島田真央がリード

この記事が最初に登場したのは スポーツスポーツ専門サイト「JAPAN Forward」。

島田真央 彼はショートプログラムの後にリードを奪った ジュニアグランプリファイナル 12 月 8 日木曜日、イタリアのトリノで Flawless Skiing と共に。 2度の日本のジュニアチャンピオンは、リングでの最初のシーズンですでに印象的な公開ショーにこの切望された冠を追加しようとしています.

東京出身の 14 歳の彼は、金曜日のフリー スケートに向かい、69.66 ポイントのスコアで韓国を抜いて 1 位になりました。 ジア・シン、69.11 で 2 位です。 市民シェーン キム・チェヨン 66.71 で 3 位です。

中井ママ 彼は 65.97 で 4 位ですが、 クォン・ミンスル (59.91) V f 吉田花 (55.51) は 6 番目です。

島田は今シーズン、JGP で両方のスティントを獲得しており、パラヴェラ アリーナでのアイスをお気に入りとして取り、期待を裏切りませんでした。 私は「ライオンキング」を滑って素敵なトリプルループを開き、その後しっかりとしたダブルアクセルを踏んだ. 彼女はトリプル リング/トリプル トゥ ジャンプのフロント エンドでショート クォーターと判断されましたが、すべてのスピンで 4 パーを受け取りました。

全文を読む スポーツルックで。

広告

著者: ジャック・ギャラガー

著者は、ベテランのスポーツ ジャーナリストであり、世界有数のスノーボード専門家の 1 人です。 著者ページでジャックが書いた記事やポッドキャストを見つけてください。 こっちに、 Twitter で彼を見つける @つぶやき.

READ  タイガーウッズがPNCチャンピオンシップでゴルフに復帰