Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジュビリーのために植樹する日本の代表団

世界的な包装会社であるTri-Wallは、英国のサイトで、女王陛下のプラチナジュビリーを祝い、グリーン認証を強化するために植樹を行っています。

Tri-Wallの社長兼最高経営責任者である鈴木雄二氏は、日本からの代表団を率いて、モンマスにある同社の英国拠点への最近の工場訪問を行いました。

彼らに同行したのは、Tri-WallUKのCEOであるGavinPeters、財務責任者のStuart Ellis、そして新たに任命されたExecutiveDirectorのStephenRidleyで、この国に自生する2つの桜とシデを植える非公式の式典に出席しました。

クイーンズグリーンキャノピーは、個人、慈善団体、企業がその地域に植樹することを奨励することにより、彼の威厳の70周年を記念して作成されたユニークなイニシアチブです。

Gavin Petersは、次のようにコメントしています。「この重要なイベントに、鈴木ちゃんと極東の同僚が参加できることをうれしく思います。 植樹は、私たちが女王の国家への並外れた奉仕を示すための適切な方法です。

「Tri-Wallでは、持続可能性への世界的な取り組みを行っています。2007年以来、Tri-Wall Groupは、気候変動と戦うために世界中で50万本以上の樹木を植えており、樹木の数を増やす予定です。 2025年までに30パーセント植えられました。同じ期間内の同様の個人の気候研究。

私たちは、会社の事業拡大を目指して、これらの重要なイニシアチブを実現するために世界中で懸命に取り組んできました。

READ  ピザハットの新米ピザが日本初上陸!