Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジョコウィ大統領、広島で開催される第49回G7サミット出席のため日本へ出発

ジョコウィ大統領、広島で開催される第49回G7サミット出席のため日本へ出発

国際社会が発展途上国の声と利益を真剣に考慮する時期が来ています。

ジャカルタ(アンタラ) – インドネシアのジョコ・ウィドド大統領(ジョコウィ)はイリヤナ大統領夫人を伴い、第49回G7サミットに出席するため金曜日、ジャカルタのハリム・ペルダナクスマ空軍基地から日本の広島へ出発した。

大統領は金曜日、ここで、G7議長を務める日本の岸田文雄首相の招待でサミットに出席すると述べた。

ジョコウィは、首脳会談が土曜日(5月20日)に開催されると指摘した。

同氏は、G7加盟国(カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、米国)とそのパートナー国が会議に出席し、気候変動、食糧、エネルギー、その他の問題について話し合うと述べた。 。

同氏は、インドネシアが途上国の利益を促進し続けるとともに、途上国と先進国の間の協力とパートナーシップを強化し続けると強調した。

大統領は「国際社会が発展途上国の声と利益を真に考慮する時が来た」と指摘した。

関連ニュース: インドネシア、G7諸国に気候変動資金の促進を奨励

ジョコウィ氏は、日本、韓国、英国、フランス、オーストラリアなど複数の国との二国間会談も開催すると述べた。

さらに、ビジネスフォーラムに出席し、多くの日本のビジネスリーダーと会う予定だ。

ジョコウィは、日本はインドネシアにとって第2位の貿易相手国であり、第4位の外国投資源であることから、日本はインドネシアにとって重要な経済パートナーであると評価した。

「神のご意志なら、私は5月21日にジャカルタに戻ります」と彼は言った。

大統領はまた、2023年5月9日から11日まで東ヌサトゥンガラ州ラブアンバジョ(NTT)で開催される第42回ASEAN首脳会議の結果だけでなく、平和に関する議論もG7サミットで取り上げると述べた。

大統領は「開催地が平和の象徴である広島であることから、これら(平和問題)が議論されるだろう」と述べた。

一方、G7サミットで提起されるASEAN問題の一つはミャンマー紛争の進展であると述べた。

関連ニュース:途上国支援においてG7とG20諸国の役割は極めて重要:大臣

関連ニュース: インドネシア、G7サミットで日本との鉄道協力について協議

翻訳:ランガ・ジンガ、ウユ・リーマン
編集者: ヨニ・アリサンデ・シナガ
著作権©アンタラ2023

READ  日本の第3四半期の成長予測は、新たなエピデミック制限が発生したため低下しました:ロイターの世論調査