Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジョーカーに扮した男が東京の電車の乗客を襲い、17人のハロウィーンパーティーの参加者を負傷させた

漫画本でジョーカーに扮したナイフを振るう男が十数人の乗客を刺し、東京の地下鉄の電車の中で爆発を引き起こした。

日曜日の東京のコクリオ駅での事故のビデオは、混乱のシーンを示しました。 乗客は、非常停止になるとすぐに、ある車両から別の車両へと走り、列車の窓から飛び降りるのが見られました。

その事故で少なくとも17人が負傷した。 彼らのほとんどはハロウィーンパーティーに行く途中の乗客でした。 AP通信は東京消防庁を引用し、少なくとも3人の乗客が重傷を負い、老人が意識を失ったと報じた。

警視庁は、被告人を24歳の服部京太と特定した。 彼は、蝶ネクタイ、紫色のチョッキ、ズボンを着た明るい緑色のシャツを着ていました。これは、バットマンシリーズに関連するキャラクターであるジョーカーの衣装に似ています。

目撃者の声明によると、攻撃者は数人を刺した後、車両の1つに液体を噴霧して火をつけ、座席に損傷を与えました。 事故のビデオは、乗客が安全のためにスクランブルをかけているときに列車内で小さな爆発を示しました。

警察は、負傷者の数の詳細がチェックされていると述べた。

現在警察に拘留されている被告人は、電車の中で静かに座って喫煙しているのが見られた。 彼は恐怖やパニックの状態にあるようには見えませんでした。

地元メディアは、被告人が当局に「死刑を宣告されるために人々を殺したい」と語ったと報じた。

その後の混乱を撮影した目撃者の木村俊介は、全国放送のNHKに、乗客全員が必死に出て行ったと語り、窓から飛び出してプラットホームに着陸し、肩を負傷したと付け加えた。

「電車のドアが閉まっていて、何が起こっているのかわからなかったので、窓から飛び降りました」と木村は言った。 「それは恐ろしいことでした。」

これは、近年、日本で2回目の大量刺傷事件です。 今年の8月、東京の別の通勤電車でナイフを振るう男に10人が襲われた。 2019年、川崎でバスを待っている小学生のグループを男性が攻撃し、2人を殺害し、少なくとも18人を負傷させました。

READ  アルジェリアの山火事:数十人の民間人と兵士が殺害されました| アルジェリア