Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジョージ・ターナーの日本移籍が決定

ジョージ・ターナーの日本移籍が決定

昨年12月にスコッツタウンで行われたインベステック・チャンピオンズカップのグラスゴー・ウォリアーズとノーサンプトン・セインツの試合中のジョージ・ターナー。 画像: © Craig Watson – www.craigwatson.co.uk

長らく議論されてきたジョージ・ターナーの日本への移籍がついに確認され、スコットランド出身のフッカー・コベルコは来シーズン、ジャパンラグビーリーグ1の神戸スティーラーズでプレーすることになった。 31歳の彼はグラスゴー・ウォリアーズで元ヘッドコーチのデイブ・レニーの下でプレーし、2022年にスティーラーズに引き継ぐことになるが、エディンバラのヘッドコーチ兼スコットランドアシスタントコーチのマイク・ブレアというもう一人の馴染みの顔が迎え入れられることになる。 今ではレニーの日本No.2。

スコットランド代表として45キャップを誇るターナーは「コービーでプレーするのを本当に楽しみにしている」と語った。

「神戸は素晴らしいチームで、彼らの成功に全力で貢献するのが待ちきれません。これは私だけでなく、私の家族にとってもエキサイティングな冒険であり、この経験から多くのものを得るでしょう。日本のラグビーは非常にエキサイティングであり、挑戦するのを楽しみにしています!」


URC プレーオフ: マンスター対グラスゴー: 準決勝の強化はウォリアーズにとって遅い燃焼となる

分析:スコットランドのラグビーはスーパーシリーズ後に本当の計画を必要としている

スーパーシリーズ決勝:エアシャー・ブルズがスターリング・ウルブズを破って首位に立った


ターナーのグラスゴー・ウォリアーズからの退団は先月確認されたが、フランス・スミス率いるチームはURCの栄光まであと2勝となっており、同クラブと7年契約を結ぶチャンスはまだ残されている。 まずは次の土曜日の夜にリムリックでミュンスターとの準決勝があり、その試合に勝てば来週末の決勝でブルズかレンスターと対戦することになる。

ターナーは先週末のURC準々決勝でウォリアーズがストーマーズを破るのに貢献し、シックス・ネイションズ中に足を骨折して以来初の試合でベンチから出場した。

彼の日本への移籍は彼の国際的なキャリアを保留するように見えるが、ウォリアーズのヘッドコーチは フランコ・スミス ターナーは、2027年ワールドカップに向けた準備が本格的に始まる2025-26シーズンにスコットランドに戻る可能性を示唆している。

「ジョージがここで大きな役割を果たしたのは明らかだ」とスミス氏は先週語った。 「しかし、若い選手が何人かいると言わざるを得ません。それはスコットランドにとって有利になると思います。 グレガー・ヒドルストン そして アンガス・フレイザー そんな奴らを通ってやってくる ジョニー・マシューズ そして、ジョージは建物内でフルタイムを過ごしていたため、彼らの機会は限られていたかもしれない。

「前向きに考えてみよう。彼が1年間離脱することは分かっているし、それがどうなるかは分からないが、1年か2年で戻ってくるだろう。スコットランドにとって重要なことになるだろう」しかし、それまでの間、たとえば私がグレゴールであれば、2027 年を超えても、何人かの人たちが自らの責任に就くのを見るチャンスだと考えるだろう。


URC プレーオフ: マンスター対グラスゴー: 準決勝の強化はウォリアーズにとって遅い燃焼となる

READ  彼は1ヶ月で辞任した3人目の日本の閣僚でした