Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スイスと日本の指導者は貿易協定のアップグレードを模索することに合意した

土曜日の菅氏との会談は、大統領の日本滞在中の最初の公式会合であった。 EPA /フランクロビション/池-キーストーン

スイスのギー・パルムラン大統領は、土曜日に東京で菅義偉首相と会談した後、経済関係は強固であり、両国間の関係は良好であると述べた。

このコンテンツは2021年7月24日-11:13に公開されました

キーストーン-SDA / GW

経済省の責任者でもあるパルムランは、日本が欧州連合と貿易協定を締結した後、特にスイスの市場アクセスを改善するために、2009年の二国間自由貿易協定を更新する必要性を強調した。 菅氏は、そうする機会を検討する用意があると述べた。

Covid-19のパンデミックによる交渉の遅れの後、アルプスの国とアジアで2番目に重要な貿易相手国との間の技術的な議論が始まります。

パルムラン氏は会議中に、大阪の領事館にスイスの教育、研究、イノベーションのネットワークであるスイスネックスの新しいオフィスを開設することも歓迎しました。 事務所は2022年に操業を開始する予定です。

キャンセルされた会議

菅氏との会談は、大統領の日本滞在中の最初の公式会合であった。 パルムランは、スイスの指導者の飛行機の技術的な問題が彼の東京への到着を遅らせた後、金曜日に予定されていた今上天皇徳皇帝と茂木敏充外相との会談をキャンセルせざるを得なかった。

パルムリンは、日本の首都での夏季オリンピックの開会式にちょうど間に合うように到着しました。

土曜日に、パルムランはまた、国際オリンピック委員会のトーマス・バッハ委員長、および地域経済問題の専門家に会いました。

READ  日本式バーは赤字を記録したが、ファーストフードチェーンの売上高は大幅に増加した