Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スギ花粉特異的 IgE 抗体価は、花粉アレルギーのスクリーニングに役立つ可能性があります

スギ花粉特異的 IgE 抗体価は、花粉アレルギーのスクリーニングに役立つ可能性があります

に発表された研究結果によると、イネ花粉アレルギー特異的 IgE からの値は、花粉アレルギーのスクリーニングに十分な結果を提供する可能性があります。 アレルギーと鼻の病気.1

現在、花粉アレルギースクリーニングのための総およびアレルゲン特異的IgE値、ならびに炭水化物特異的抗原(CCD)の使用は実証されていません。 この知識のギャップに対処するために、日本の東京にある杏林大学医学部の研究チームは、血清ベースの IgE 力価が花粉アレルギーのスクリーニングにどの程度有効かを評価する調査を実施しました。

「アレルゲン (特異的) IgE 抗体の存在は、アレルゲンに対する感作の指標です。しかし、通常の臨床環境では、アレルゲン感受性の存在は症状と一致しないことがよくあります」と研究者は指摘しています。

研究者は、花粉症の症状を評価するために、一般的な健康診断の一環としてアレルギー検査を受けた259人の成人にアンケートを行いました. AlaSTAT 3g アレルギー法を使用して、参加者の特定の IgE レベルを測定しました。 血清分析では、糖質架橋剤に特異的な4種類のIgE抗体を含む17成分が測定されました。

参加者は、アンケートへの回答に応じて、グループ A または B にグループ分けされました。 花粉症と診断されたことがある、または診断されていないが症状があると述べた人は、グループAに含まれていました。 診断を受けていないが、既存の症状があり、症状がなかった人は、グループ B に含まれていました。 診断に確信が持てない参加者や症状のある参加者は、研究から除外されました。

グループ A と B には、それぞれ 132 名と 127 名の参加者がありました。 グループ A の血清 IgE 陽性率は、グループ B の日本米よりも高かった (それぞれ 97% 対 56%; s < 01)、ヒノキ (それぞれ 91% 対 35%; s <.01) オーチャード グラスの場合 (それぞれ 39% 対 15%; s < .01)、ブタクサ (それぞれ 14% 対 3%; s = .10)。

花粉アレルギーの有無を予測するために、感度および特異性分析を実施しました。 スギ、ヒノキ、オーチャード グラス、ブタクサに対する血清 IgE 抗体の曲線下面積値は、それぞれ 0.87、0.82、0.63、0.56 でした。

259 例のうち、43 例があらゆるタイプの交差反応性 CCD で陽性でした。 陽性者のうち30人に花粉症の症状があり、スギ97%、ヒノキ97%、オーチャードグラス57%、ブタクサ27%でした。 花粉アレルギー症状のないCCDの他の13例では、85%がスギ、77%がヒノキ、62%がオーチャードグラス、31%がブタクサに陽性でした。

CCD陰性群の患者のうち、102例の花粉アレルギー症状があり、スギ97%、ヒノキ89%、オーチャードグラス34%、ブタクサ11%であった。 . 花粉症の残りの無症候性参加者では、53% がスギに陽性、31% がヒノキに陽性、10% がオーチャード グラスに陽性、0% がブタクサに陽性でした。

研究者らは、血液中の IgE 抗体と無症候性患者の CCD 値との関係を比較すると、偽陽性率を観察しました。 偽陽性率は、スギで 5%、ヒノキで 35%、オーチャード グラスで 15%、ブタクサで 3% でした。

著者らは、「揮発性花粉の CVD 研究は、花粉検査で陽性と判定された人々が、これらの装置の影響により、しばしば偽陽性の結果を示したことを示しています」と述べています。

著者らは、「私たちの研究は、これらの測定値の有用性を分析した最初の研究であり、これらの発見は、将来の健康診断における花粉アレルギースクリーニング検査の適用を促進できると信じています.」

参照
1. 横井 H、松本 Y、川田 M、桜井 H、斉藤 K. アレルゲン力価と免疫グロブリン E 合計による花粉アレルギー アッセイ。 レイノールアレルギー(プロビデンス). 2022; 13: 21526575221079260. 2022 年 3 月 24 日公開。 doi: 10.1177 / 21526575221079260
READ  第一三共は、日本初の自家製mRNAワクチンの承認を求めています