Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スクリーンタイムが幼児の発達に与える影響は限定的:日本の研究

日本の研究者による最近の研究では、デジタル機器の前で毎日 1 時間以上過ごすことは、2 歳児の成長と発達への影響がこれまで考えられていたよりも限定的であることが示されており、使用の潜在的なリスクについて新たな洞察が得られています。 幼児のデジタル機器。

大阪大学と浜松医科大学の研究者によると、この研究では、幼児が 30 分以上外で遊べるようにすることで、1 日のスクリーン時間の悪影響を減らすことができることもわかりました。

この調査結果は、子どものスマートフォンの使用による悪影響についての懸念が継続している中で行われました。世界保健機関はガイドラインで、2 歳の子どもはテレビを見たり、コンピューターで遊んだりするなどの活動として定義されるスクリーンタイムにさらされないようにすることを推奨しています。 . ゲーム、1日1時間以上。

誤報と情報過多の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、ストーリーを正しく理解するのに役立ちます.

今すぐ申し込む

READ  電源オン! ウェッブ宇宙望遠鏡が計器をオンにする