Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スコット・モリソンは、G7が低排出技術を開発するために日本とドイツと契約を結ぶと結論付けました| オーストラリアの外交政策

スコット・モリソンは、「将来の正味ゼロ排出」を達成するための技術を開発するために日本とドイツと契約を結びましたが、オーストラリアを2050年の厳しい期限に正式にコミットするという国際的な圧力に抵抗し続けています。

英国のコーンウォールで開催されたG7サミットの最終日に気候危機が中心となり、首相は中長期的に野心的な排出を選択するのではなく、水素などの技術に焦点を当てるという彼の好ましいアプローチに固執しました。 削減義務。

モリソン首相は日曜日のG7サミットの傍らで菅義偉首相と会談し、「技術による脱炭素化に関するパートナーシップ」を発表した。

オーストラリアと日本は、低排出LNG生産を含め、「低排出およびゼロ排出技術の開発と商業化を可能な限り迅速に加速する」。 アンモニアは、クリーンな燃料、クリーンな水素と炭素の回収、使用、貯蔵です。

モリソンと菅の共同声明は、気候変動を「私たちの時代の決定的な課題と機会の1つ」として認識し、テクノロジー主導の対応が仕事と成長にとって重要であると述べたが、文書自体は、 2050年までにネットゼロへの正式なコミットメント。

「日本は、2050年までに正味ゼロ排出量に移行するという公約を再確認する。オーストラリアは、できるだけ早く、できれば2050年までに正味ゼロ排出量を達成するという公約を再確認する」と声明は述べた。

モリソンは日曜日の後半にドイツのメルケル首相と会談し、「世界の水素産業を構築するための技術革新、研究、開発、出版における協力を強化する」ための「水素協定」を発表した。

「オーストラリアの首相とドイツの首相は、パリ協定に沿った気候変動に対する野心的な行動への相互のコミットメントについて話し合い、正味ゼロ排出量を達成し、1.5°Cの目標を達成するために協力とパートナーシップを深めました。」共同声明は言った。

アナリストは、温室効果ガス排出量を2030年までに2005年のレベルより26%〜28%削減するというオーストラリアの取り組みは、世界の暖房を産業革命以前のレベルより1.5°C高く保つことと両立しないと繰り返し述べています。

2030年の目標は、アボット政府によって最初に設定されました—そしてモリソンはその誓約を増やす計画の兆候を提供しませんでした。

モリソンはまた、連立内の内部抵抗の中で、2050年までに正味ゼロ排出量への具体的なコミットメントを行うことに抵抗しました-彼は11月にグラスゴーで開催されるCop26気候サミットに向けて行動するという国際的な圧力の高まりに直面する可能性があります。

英国はG7とCop26の両方を追加し、今年は気候を外交政策の最優先事項と見なし、オーストラリアを含むすべての国が2030年に向けてより深い目標を設定し、2050年までにネットゼロに到達するための信頼できる道を設定することを望んでいることを明らかにしました。

ジョー・バイデンのリーダーシップの下、米国はオーストラリアに対し、計画よりも早く排出量を削減するよう求めています。

「オーストラリアの政策はオーストラリアの利益のために設計されるだろう」とモリソンは土曜日に記者団に語った。

モリソンは土曜日のG7サミットの傍らでバイデンとの最初の対面会議を開催しましたが、英国のボリス・ジョンソン首相が加わり、ますます争われているインド太平洋地域に焦点を当てた三者の関与となりました。 地域と中国の影響力の高まり。

労働外務スポークスマンのペニー・ウォンは、モリソンがバイデンとの一対一の会合を確保できないことを強調し、2050年までにネットゼロを約束する首相の「頑固な拒否」がオーストラリアを孤立させていることを示唆した。

イニシアチブであるGlobalCompact Network Australia(GCNA)の議長 持続可能性に焦点を当てている企業をつなぐモリソン氏は、各国が「大胆な気候行動目標」を採用しなければならない時期に、ネットゼロに関するモリソン氏のコメントは「非常に曖昧なままである」と述べた。

GCNA事務局長のカイリー・ポーターは、モリソンが「もう選択の余地がない」こと、そして公的部門と民間部門が「短期、中期、長期の目標を達成するために協力しなければならない」ことを理解して、G7サミットから出てくることを望んでいると述べた。 2050年までにゼロを達成する。」

ポーターは、オーストラリアが約束したパリ協定には、最新の科学に基づいて目標を再検討するプロセスが含まれていると述べた。

「セットアンドフォーゲットの考え方は、政府にとってだけでなく、ビジネスにとってもリスクだと思う」と彼女は語った。

「私たちが短期的にどこにいる必要があるのか​​、そして中期的にどこにいる必要があるのか​​、そして何がそれをサポートするのかを集合的に理解せずに、2050年をただ楽しみにしているというこの罠に陥っている可能性があります。緩和が難しいセクターに導入する必要があります。」

チャリティープランインターナショナルオーストラリアの最高経営責任者であるスーザンレジーナはまた、モリソン政府に気候緊急事態への取り組みを強化するよう要請した。

「私たちはオーストラリア政府に、世界の気温上昇を1.5°C以内に保つことに沿って、より野心的な排出削減目標を設定するよう呼びかけます。その後、私たちの地域で最も気候に敏感な国を含む多くの国が、制御不能な苦痛と荒廃に直面するでしょう、Ligina前記。

グループオブセブン(英国、米国、カナダ、日本、ドイツ、フランス、イタリア、および欧州連合を含むグループ)はすべて、2050年までにネットゼロを約束しました。オーストラリアは、3日間に招待された他の4か国の1つでした。ゲストとしてサミット。

モリソンは月曜日と火曜日にロンドンで自由貿易協定の原則合意に達することを目的としたジョンソンとの会談を行う予定ですが、オーストラリア政府は、農業輸出業者が英国への十分なアクセスを取得できない場合、取引を延期する準備ができていると警告しています。 市場。

READ  2021年メルセデスベンツCクラスC220dレビュー