Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スタジオジブリがカンヌで名誉パルムドール受賞の歴史を作る

スタジオジブリがカンヌで名誉パルムドール受賞の歴史を作る


5月19日にカンヌ国際映画祭でスタジオジブリが名誉あるパルムドールを受賞すると、おそらくアニメーション界で最も賞賛され、最も影響力のある存命監督である宮崎駿の創作の本拠地が歴史に残ることになる。

リーダーと仲の良い団体に名誉パルムドールが贈られるのは初めて。 宮崎監督の長年の協力者、プロデューサー、共同制作者である鈴木敏夫氏は、アニメーターは映画制作を取り巻く敬語によって特別視されることに不快感を抱いていると考えている。


「彼は、自分の映画の製作に多くの人々が関わっていることを知っています」と鈴木さんは通訳を通じて語った。 「宮崎は普段は日本人なので、とても内気なんです。この賞が私たちのスタジオにグループで贈られたことを知ったとき、彼はとても喜んでくれました。彼の映画は製作に時間がかかり、多くの人々を助けてくれています。映画業界。

たとえ鈴木と宮崎がこの賞を尊重していたとしても、カンヌ国際映画祭の会長であるアイリス・ノブロックと総代表のティエリー・フレモーは次のように声明で歓喜した。第 7 芸術のすべてのアイコンと同様に、これらの人物は、ジブリとともに、私たちの想像力を満たしてくれます。日本のアニメーションは、伝統の間にある、映画における最大の情熱の冒険の 1 つです。」そして現代性。

1980年代半ばに発足した東京に本拠を置くスタジオジブリは、スタジオ創設者の1人である宮崎氏が2023年にオスカー賞を受賞したアニメーション映画『少年とサギ』、『もののけ姫』、『もののけ姫』を制作した場所である。 。 千と千尋の神隠しは、アカデミー賞長編アニメーション賞を受賞し、日本史上最高の興行収入をあげた映画のひとつでもあります。 このスタジオは、映画「となりのトトロ」でも知られており、このスタジオのマスコットは、アライグマ、犬、猫をモチーフにした大きくて丸い精霊です。

スタジオジブリの初期の頃、創設者たちはただ会社を存続させたいだけであり、後に自分たちの作品を特徴づけることになるような世界的に有名な傑作を作ろうとはしていませんでした。 彼らはただ次から次へと映画を製作することに集中した。

「私たちはとても忙しかったです [to think about those kinds of goals]鈴木は笑った。「私たちは最初の映画を作っていたんですが、この映画を作ってうまくいったなら、次の映画も作れるかもしれないと考えていました。 でも、もし失敗して映画が悪かったり、誰も気に入らなかったら、それで終わりだということはわかっていました。 だから私たちは最初の映画だけに集中していました。

宮崎監督はスタジオの最も積極的なクリエイターの一人である一方、スタジオの共同創設者である高畑勲氏(『火垂るの墓』)や森田洋之氏(『猫の恩返し』)の作品もリリースしている。 『思い出のマーニー』でアカデミー賞長編アニメーション賞にノミネートされた米林宏昌監督は、『借りぐらしのアリエッティ』でスタジオジブリでのキャリアをスタートさせた。

宮崎監督は一度引退を表明したが、鈴木監督は、宮崎監督が大好きな芸術から完全に離れることはできないと考えている。 宮崎監督は自分の作品に多大な労力を費やしているため、次の映画がいつ始まるかは分からないという。

「彼は映画を作るとき、ある種自分を苦しめているんです」と鈴木は語った。 「彼は一生懸命働いていて、どのような映画を作りたいかについて長い間考えています。しかし、彼が再び始めるまでにはしばらく時間がかかると思います。 『少年とサギ』を作るのは非常に長いプロセスで、何年もかかります。」

READ  東京の百貨店が大きなスタートを切った経緯