Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スターターパック: 日本の社会問題 – 日本の現状をより深く理解するために

スターターパック: 日本の社会問題 – 日本の現状をより深く理解するために

各国がそれぞれ異なる社会問題に直面していることは明らかです。 特定の国に関する基本的な知識がなければ、新しいプロジェクトや政策/法律の背後にある概念を比較したり、それらから利益を得たりすることは不可能です。 この考えに基づいて、私たちは日本で直面する社会問題の概要を提供する、日本に関する重要な事実/知識をまとめたこのスターター パックを共有したいと思います。

社会問題

A) 超高齢化社会

国連の世界人口見通しのデータによると、2050 年までに世界の 6 人に 1 人 (16%) が 65 歳以上になるが、2022 年には 10 人に 1 人 (10%) となる。 ※1。 一方、日本では2023年1月時点で3.5人に1人(28.6%)が65歳以上です。 ※2

1) 長寿命

2023 年の日本の人口は約 1 億 2,500 万人で、そのうち 28.6% が 65 歳以上です。 平均寿命は男性81歳、女性87歳※2-1。 これに対し、健康寿命(2019年)は男性73歳、女性75歳です。※3これは男性では8歳、女性では12歳の差になります。

2)少子化※4

2022年の出生率は1.26、出生数は77万759人だった。 1940年代後半の第一次ベビーブーム(現在約74~76歳)の出生数は約270万人、1970年代初頭の第二次ベビーブーム(現在約49~51歳)では200万人を超えた。 誕生。 この数は年々減少しています。

3) 医療費の高騰

日本には「国民皆保険制度」があり、すべての国民が何らかの公的保険に加入しています。 基本的に、70歳未満の住民は病院で医療費の30%を支払うだけです。 対照的に、国民医療費の総額は2022年に約46兆円(2,790億ユーロ)に達した。※5一人当たり平均368,000円(2,230ユーロ)(換算レート:1ユーロ=165円)。

b) 多様性、公平性、包括性 (DE&I)

近年、「DE&I」という概念が世界的に浸透してきているのは間違いありません。 日本では主にどのような「DE&I」が議論されているのでしょうか? この記事ではすべてのトピックをカバーすることはできませんが、いくつかのアイデアを提供します。

1) 障害のある人

約1160万人いる※6 日本の障害者(重複障害者を含む)は総人口の約9.3%を占めます。
身体障害者:430万人※6
知的障害者:110万人※6
精神障害者:620万人※6
障害のある成人のうち、少なくとも週に 1 回運動している人はわずか約 31.1% です。※6-1

2) 男女平等

2023年のジェンダーギャップ指数(GGI)では、日本は世界で125位、OECD加盟38カ国中37位、G20諸国・地域中15位にランクされました。*7
日本の国内スポーツ統括団体における女性理事の割合は23.8%で、77団体中3団体(3.9%)が女性理事がいないと回答した。※8

3) 外国人労働者

2023 年には 320 万人※9 在日外国人(日本の総人口の2.6%) 200万人※10 登録外国人労働者(労働力人口の3%)※11)、その数は年々増加しています。

c) 地方創生

「地方創生」を前向きに描くことが日本の生き残りの鍵だ。 私たちはどんな課題に直面しているのでしょうか? 以下に挙げる事実は、いくつかの洞察を提供します。

1)東京一極集中

東京に関する一般情報:
面積:2,200平方キロメートル(日本の総面積の0.5%) ※12
人口:1,400万人(日本の総人口の11%) ※12
昼間人口:1,640万人※13
東京23区のみ:970万人※12
人口密度: 1平方キロメートルあたり15,411人
経済集中の観点から見ると、日本の上場企業 3,940 社のうち 2,000 社以上 (50% 以上) が東京に本社を置いています。※14

2)地方人口の減少

地方から東京への人口流入により、主な年齢層、特に18~19歳と20代が進学や就職を理由に東京へ流出しています。 良好な雇用機会、社会インフラ、レクリエーション、教育、育成環境の欠如も、継続的な減少の潜在的な要因です。

今後の方法

この記事は日本の社会問題に関する氷山の一角にすぎません。 しかし、かつてネルソン・マンデラが言ったように、「スポーツには世界を変える力がある」とあり、SSFは「スポーツの力」がすべてのステークホルダーと協力してこれらの課題の解決に貢献できると信じています。

(公開日:2023年4月27日、更新日:2024年4月24日)

参照:

*1 2022 年の世界人口予測: 調査結果の概要 (ページ 2)
https://www.un.org/development/desa/pd/sites/www.un.org.development.desa.pd/files/undesa_pd_2022_wpp_key-messages.pdf

*2 住民基本台帳に基づく人口動態と世帯数 (48ページ)
https://www.soumu.go.jp/main_content/000892947.pdf

*2-1 日本の短命表 2022 –。 特定の年齢における平均余命
https://www.mhlw.go.jp/english/database/db-hw/lifetb22/dl/lifetb22-01.pdf

*3 高齢社会白書 2022年版 第2期 内閣府
https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2022/html/zenbun/s1_2_2.html

*4 厚生労働省「人口動態統計の概要」(2022年、5ページ)
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/kakurei22/dl/15_all.pdf

*5 厚生労働省「2022年度医療費の動向」(2ページ目)
https://www.mhlw.go.jp/topics/medias/year/22/dl/iryouhi_data_sankou.pdf

*62023年版障害者保健白書(3ページ)
https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/kosei/22-2/dl/09.pdf

*6-1 2023年の日本のスポーツに関する公式レポート(53ページ)
https://www.ssf.or.jp/ja/files/swp2023_eng.pdf

*7 ジェンダーギャップ指数、世界経済フォーラム (11 ページ)
https://www3.weforum.org/docs/WEF_GGGR_2023.pdf

*8 SSF 国家統治機関のガバナンスに関する研究 2022 https://www.ssf.or.jp/thinktank/governance/2022_nfr.html

*9 出入国在留管理庁 在留外国人(2023年)
https://www.moj.go.jp/isa/publications/press/13_00036.html

*10 厚生労働省「在日外国人労働者数」(2023年)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_37084.html

*11 総務省労働力調査(2023年1ページ)より算出
https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/ft/pdf/youyaku.pdf

*12 東京の総合情報、東京都
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/tokyoto/profile/gaiyo/kushichoson.html

*13 東京都の昼間人口予測 東京都統計
https://www.toukei.metro.tokyo.lg.jp/tyosoku/ty-data.htm

*14 上場企業数 日本取引所グループ
https://www.jpx.co.jp/english/listing/co/index.html

情報利用申請

ご要望に応じて、これまでに実施されたすべての国民スポーツ生活実態調査の生データ(クロス集計結果と日本語のみのテキストを含む)を提供します。 興味のある方は、以下のリンクから SSF までご連絡ください。

https://www.ssf.or.jp/contact/

READ  アイルランド対フランスライブ! パヴァール ゴール - ユーロ 2024 予選の試合のストリーミング、最新スコア、今日のアップデート