Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スターティング XV およびオータム ネイションズ シリーズ 2022 フィクスチャの完全な置き換え

レスターのデュオ、ジャック・ファン・ブルトヴリートとガイ・ポーターには獲得のチャンスがあります。 イングランド話題のポジションは、土曜日に日本と対戦するチームのスターティング ラインナップに 5 つの変更をもたらします。 先週の日曜日のアルゼンチン戦.

夏にイングランド ツアーでデビューした後、ポーター (今シーズン、負傷により 3 試合に出場した) は、スクラムハーフでクラブメイトのベン ヤングスと交代し、ポーターはマーカス スミスとキャプテンと共にアウトサイド センターの役割を担う。オーウェン・ファレル。 .

ポーターの 7 月のオーストラリアでのプレーは確実に有望に見えました。彼は、今ベンチにいるマヌ ツイラギの爆発力がないにもかかわらず、守備で組織化されている間、鋭い攻撃の動きを作成しようとするイングランドの試みに匹敵するハンドリングとサッカーの才能を持っています。週。 .

負傷したチャーリー・イーウェルズとオリー・セソムがいないため、南アフリカ生まれのノーザンプトン・ロックのデビッド・リッポンが登場する。

さらに遠く ラグビーユニオン

ジョーンズはラインアウトでの存在感を失いたがらないため、マロ イトジェが引き続きブラインド サイドに、サム シモンズが 8 番に、ビリー ブニポラは先週パスをいくつか落としてベンチに移った。

予想通り、イングランドは 5 対 3 のフォワード バック フォーメーションに戻り、ジョニー メイがペースを取り戻し、ジョーンズは日本の左足のキッカー山中亮平をフルバックで警戒し、ゲルハルト ファン デル ヒーファーのパワーとスピード、翼に乗った松島幸太郎 構図

ジョーンズがジェイク・ウィリスとジョー・コガナシカを欠場したことは、2023 年のトーナメントへのカウントダウンが続く中、両方の男子ワールドカップの見通しにとって憂慮すべき兆候ですが、当面の優先事項は、ニュージーランドとの秋の任務に向けて勢いをつけるために日本を破ることです。南。 アフリカ。

エディ・ジョーンズの奇妙な実験がイングランドの没落につながる

ルイス・トーリー

2023年ラグビーワールドカップ 10か月後、エディ・ジョーンズの イングランド トゥイッケナムでの 16 年ぶりのアルゼンチンの勝利では、攻撃に規律の乱れやアイデアはありませんでした。 ワールドカップでラグビー視聴者に彼を判断するよう求めているコーチとして、ジョーンズは、日曜日に雨の中トゥイッケナムに集まった80,000人の静かなファンに自信を与えることについて心配していませんでした. 実際、彼は物事を削るように見えました。

ジョーンズ氏は、「私たちは今、ポンプの下にいるので、これは素晴らしい機会です。これは良いことです. 「うまく対応できると思うので、楽しみです。良いプレーができたと思っていましたが、いくつかの基本的なミスと個人的なミスがゲームに戻ってきました。ペナルティ ゴール、ペナルティ ゴールのタイプのゲームをキックします。」

イングランド ラグビーの社内プレス チームからのこの引用には、多くのイングランド ファンが反対する 2 つ以上のことが含まれています。 明らかに、恥ずかしい、足を引きずるマイルストーンの失敗を良いものに変えようとするひいきの試みは、実際にファンがそれを折りたたむかのようです。 しかし、私たちはそれを古典的でいたずら好きなジョーンズとして見送ります.

セクションを完全に読む ここ

イングランド対日本、オータムネイションズシリーズ2022

XV開始:

  • 15. フレディ・スチュワート (レスター・タイガース、14回出場)
  • 14. ジャック・ノーウェル (エクセター・チーフス、43回出場)
  • 13.ガイ・ポーター(レスター・タイガース、2キャップ)
  • 12. オーウェン・ファレル (C) (サラセン、98 キャップ)
  • 11. ジョニー・メイ(グロスター・ラグビー、69回出場)
  • 10. マーカス・スミス (ハーレクイン、14 キャップ)
  • 9. Jacques van Bourtivliet (レスター タイガース、4 キャップ)
  • 1. エリス ケンジ (ブリストル ベアーズ、40 キャップ)
  • 2. ルーク・コーワン・ディッキー (エクセター・チーフス、38回出場)
  • 3. カイル・シンクレア (ブリストル・ベアーズ、53回出場)
  • 4. デビッド・リッポンズ (ノーザンプトン・セインツ、キャップなし)
  • 5. ジョニー・ヒル (セール・シャークス、16回出場)
  • 6. マロ イトジェ (サラセン、59 試合出場)
  • 7. トム・カリー (Sales Sharks、42 キャップ)
  • 8. サム・シモンズ (エクセター・チーフス、15回出場)

置換:

  • 16位 ジェイミー・ジョージ(サラセンズ、69回出場)
  • 17. マコ・ヴニポラ (サラセン、71 試合出場)
  • 18. ジョー・ヘイズ (レスター・タイガース、6回出場)
  • 19. アレックス コールズ (ノーサンプトン セインツ、1 キャップ)
  • 20. ビリー・ブニボラ (サラセンズ、65 キャップ)
  • 21. ベン・ヤングス (レスター・タイガース、118回出場)
  • 22位 ヘンリー・スレイド(エクセター・チーフス、49回出場)
  • 23. マヌ トゥイラキ (セールス シャークス、47 試合出場)
READ  文書の損傷に関与した故日本の公務員の妻は完全な真実を要求しています