Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スターライナーの就航は6月5日に変更されました

スターライナーの就航は6月5日に変更されました

ワシントン — NASAとボーイングは、ユナイテッド・ローンチ・アライアンスが前回の打ち上げ計画の中止につながったコンピューターの問題を修正したことを受け、同社のCST-100スターライナー宇宙船の打ち上げを6月5日にリセットした。

NASAは6月2日遅く、ミッション管理者が次に利用可能な打ち上げ機会である6月5日午前10時52分(東部時間)に乗組員飛行試験(CFT)ミッションの打ち上げを続行する承認を与えたと発表した。 バックアップの機会は 6 月 6 日午前 10 時 29 分(東部標準時)です。

6月1日に行われた前回のCFT打ち上げ試行は、打ち上げ予定の3分50秒前に中止された。 ULAによると、3台の冗長地上管制コンピュータのうち1台にある発射シーケンサとして知られるカードが、T-4分に事前に計画された船倉から脱出する際、他の2台よりも遅くなったように見えたという。 ULA CEO の Torey Bruno 氏は、ハードウェアまたはネットワークの問題が何が起こったのかを説明しているのではないかと推測しています。

NASAは声明で、ULAが1台のコンピュータの一部のカードで使用されている電源ユニットに問題を発見したと発表した。 これには、セントール上段で推進剤を補充するために使用されるバルブを制御するカードが含まれており、これもカウントダウンの早い段階で故障しました。

NASAによると、技術者が電源障害の原因を調査している間、ULAは電源ユニットに障害が発生したコンピューターラックまたはシャーシを予備と交換することを決定したという。 「ULAは新しい構造とカードの機能検査を完了し、すべての機器は正常に動作している」とNASAは報告した。

天候は再び打ち上げに適していると予想されており、6月5日の打ち上げ条件は90%の確率で許容できる。 NASAは、アトラス5ロケットとその地上支援装置、あるいはスターライナー宇宙船自体の作業中に他に問題があったことを報告していない。 。

CFTミッションでは、NASAの宇宙飛行士ブッチ・ウィルモアとソニー・ウィリアムズを乗せたスターライナーは国際宇宙ステーションに飛び、そこで約1週間過ごしてから米国南西部の着陸する予定だ。 このミッションは、NASAが2025年初頭に始まる国際宇宙ステーションへの運用ミッション向けに機体を認定する前の最後の試験飛行となる。

NASAとULAは、スターライナーが6月6日までに打ち上げられない場合は、ロケット本体の作業を中止し、期限切れのバッテリーを交換する予定だと述べた。 この作業が完了するまでに10日ほどかかるとのこと。

READ  NASAは、億万長者の宇宙飛行士とSpaceXがハッブル望遠鏡を上げることを許可するかもしれません