Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スターリング大学と日本庭園がシティとの契約を結ぶ

スターリング大学とカウデン日本庭園は今週、正式にスターリングとクラックマンシャーの市街地協定の一部になりました。

昨日(木曜日)、ClaxFundの2つのプロジェクトが発表されました。 彼らは、スターリング大学(Clackmanshire)にある生きた多世代のイノベーションセンターであり、カウデンの日本庭園にあるビジターセンターです。

大学は、750,000ポンドのセンターアンドガーデン基金から725万ポンドを確保しました。この基金は、同様の資金で、頻繁に訪れる施設の開発に使用されます。

大学と公園は現在、より詳細な提案を提出するように招待されており、これらの提案をサポートするための商事訴訟の承認を条件として資金を受け取ります。

Clackmanshire委員会の委員長であるElaineForson評議員は、次のように述べています。人々とコミュニティ。

「私たちは、スターリング大学とカウデンジャパニーズガーデンと協力して、これらのエキサイティングなプロジェクトに取り組むことに興奮しています。」

スターリング大学のディレクター兼副学長であるサー・ゲリー・マコーマック教授は、次のように述べています。

「スターリング大学への725万ポンドの投資により、Clackmananshire Trustを通じて利用可能になり、Centre for Living Intergenerational Innovationは、Clackmanshireを高齢化研究の中心に置き、地域社会に真の違いをもたらす開発の新境地を開拓します。 、そして世界中で。」。

スターリングのその他のニュースやスポーツについては、ここをクリックしてください。

ジャパンガーデンズトラストの責任者であるサラスチュワートは、次のように述べています。

「この基金は、歴史的価値だけでなく芸術作品としても、国の重要性が非常に高い資産の回収を支援しています。」

スコットランドの英国政府大臣であるイアン・スチュワートは、次のように述べています。

「一緒になって、クラックマナンシャーの現在の強みを活かしながら、人々が長生きするにつれて、国際的な課題に対する革新的なソリューションを開発します。

「英国政府は、コミュニティを活性化し、パンデミックからの回復を改善するために取り組んでいます。そのために、スコットランド全土の地元パートナーとのプロジェクトに17億ポンド以上を投資しています。」

READ  エイベックスが100%麻のTシャツを発売