Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スティーブ・ヒギンズがジャマイカのポップカルチャーを日本に伝える | エンターテインメント

フロリダのデイビー・ジャズ・フェスティバルでの最近のパフォーマンスに続き、ジャマイカのテナーであり文化大使でもあるスティーブ・ヒギンズがアジアに翼を広げ、今月日本の東京に上陸します。

日本滞在中、ヒギンズはジャマイカの民謡を披露し、東京や鳥取のコンサートホール、その他選ばれた会場で演奏する予定だ。 彼は、75 分間のコンサートでジャマイカの活気に満ちたリズミカルな民族音楽の一部を、ジャマイカ文化に長年の賞賛を抱いている聴衆に披露します。

このコンサートツアーは、文化庁と鳥取県の後援のもと、在東京ジャマイカ大使館と日本民音コンサート協会の共催で行われます。 コンサートは今年、日本とジャマイカの外交関係樹立60周年を記念して開催される。

日本の有名なオペラソプラノ歌手である清野ゆかりと、著名なピアニストである広瀬満がヒギンズと共演します。 この今後のシリーズに対する日本のコミュニティの反応は非常に熱狂的です。

ヒギンズ氏は、鳥取の石見高校でも演奏し、生徒たちと交流し、同校のブルー・マーティン・ジャズ・オーケストラによるジャマイカ音楽の演奏を楽しむ予定だ。 この交流は、ボブ・マーリーをフィーチャーした曲の共同パフォーマンスで最高潮に達します。 一つの愛。 学生の参加は、離散ジャマイカ各地の大学、博物館、学校で行われるジャマイカ民族音楽に関するヒギンズ氏の毎年恒例のワークショップを補完するものです。

シュルナ・ケイ・リチャーズ氏は「日本に別の種類のジャマイカ音楽を紹介するこのジャマイカ文化ショーケースにヒギンズ氏を日本に迎えることができてうれしく思う。ジャマイカのポピュラー音楽の精力的な演奏を通じて彼が郷愁をもたらすことを楽しみにしている」と語った。 , ジャマイカ駐日大使。

「私たちは皆、ジャマイカ、その音楽、活気に満ちた文化を愛しています」と民音の国際関係部長、松尾敏明氏は語った。 過去には、ジャマイカの才能あるミュージシャンと素晴らしいコラボレーションを行ってきました。 今回も例外ではなく、ヒギンズはジャマイカの人気音楽をメンバーや他のゲストと共有します。

ヒギンズは「日本訪問の招待を受けて光栄であり、比類のないハリー・ベラフォンテへのトリビュートを含む爽快なパフォーマンスを披露することを楽しみにしている」と述べた。

スティーブ ヒギンズ プロダクションズは、長年にわたり、ヨーロッパ、北アメリカ、カリブ海、イギリス全域でジャマイカの民族音楽を紹介してきました。 民謡に加えて、ヒギンズはジャズ、バラード、宗教音楽、イタリアの曲、そしてもちろんほとんどのジャマイカ民俗ジャンルを歌います。 彼は大使館、高等弁務官事務所、領事館と協力してジャマイカ文化を国際社会に宣伝し続けており、彼のコンサートは多様な聴衆を魅了しています。

[email protected]

READ  日本のゲームメーカー、セガサミーがリゾートをアメリカのファンドに売却