Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ストウブがフィンランド大統領選挙の第1回投票で辛勝 | 選挙ニュース

ストウブがフィンランド大統領選挙の第1回投票で辛勝 | 選挙ニュース

アレクサンダー・スタッブ元首相とペッカ・ハーヴィスト元外相は2月11日に第2ラウンドで会談する予定。

フィンランドの中道右派国民連合党のアレクサンダー・スタッブ氏が大統領選挙の第1回投票で勝利し、2週間後の決選投票でリベラル派緑の党のペッカ・ハービスト氏と対決することになっている。

日曜日の選挙のすべての票が集計された結果、スタッブ氏が27.2%、ハーヴィスト氏が25.8%で続き、民族主義者のジョッシ・ハラアホ氏が19%で3位となった。 参加率は71.5パーセントでした。

上位2名が2月11日の決勝戦に進む。

フィンランドは、ロシアのウクライナ侵攻を受けて数十年にわたる非同盟関係を放棄し、西側防衛同盟に参加した後、北大西洋条約機構(NATO)内での新たな役割を担う新大統領を選出している。

元首相のスタッブ氏は支持者にこう語った。「ご存知のとおり、我々は決勝に進出したが、競争はまだ始まったばかりだ」。

二回戦の相手は元外務大臣 ハーヴィスト彼は人権擁護者であり、和平交渉者としても働いた経験がある。

ハービスト氏が選出されれば、フィンランド初の同性愛者であることを公にした大統領となる。

ハービスト氏は支持者らに向けた演説で、「われわれの今の使命は、候補者が第2ラウンドに残らなかった人々に働きかけることだ」と語った。

社会運動の大統領候補ペッカ・ハービスト氏、フィンランドのヘルシンキでの選挙レセプションに出席 [Lehtikuva/Antti Aimo-Koivisto via Reuters]

ウクライナの戦争

フィンランド大統領の役割には、政府と緊密に協力して外交・安全保障政策を主導し、NATO会議で国を代表し、フィンランド国防軍の最高司令官を務めることが含まれる。

主要候補者3人はいずれもウクライナ支持者で、ロシアに対する厳しい行動を求めた。

タンペレ大学の政治研究部長ハンナ・オジャネン氏は結果判明後、「次のラウンドに進む2人の候補者を考えると、外交政策の経験が人々に求められているのかもしれない」とAFPに語った。

選挙運動中、スタッブ氏とハービスト氏はともに政治中道を志向したが、ハラ・アホ氏は右翼保守的なイメージを維持した。

多くのフィンランド人にとって、民族主義者のハラ・アアフは忠実な支持者と強力な反対者を惹きつける分裂を引き起こす人物である。

ヘルシンキでは、先進有権者の一人、レナ・ブクサさん(26)がロイター通信に対し、ウクライナ戦争とそれが生み出した困難な状況を理由に、選挙で投票することが特に重要だと語った。

ブクサ氏は、フィンランド人からは親欧州グローバリストとみなされているスタッブ氏が現時点で同国の外交政策を率いるのに適任だと述べた。

「アレクサンダー・スタッブ氏に投票したのは、彼が他国との付き合い方がとても上手で、フィンランド国外の人々とも良好な関係を築いていると思うからです」と、日曜日に投票に行く友人に付き添って子供と一緒に出かけたブクサさんは語った。

しかし、機械工学科の学生、イリ・マルキネンさん(22)は異なる見解を持っている。

“私はそうは思わない [Stubb] マルキネン氏はロイターに対し、「彼は非常に良い大統領になるだろう。なぜなら彼は国民を代表したいのではなく、自分自身を代表したいようだからだ」と述べ、事前にハービスト氏に投票していたと付け加えた。

同氏はさらに、「彼は外交政策の経験があり、他の候補者とは異なり、全体的に知的な行動で知られている」と付け加えた。

有権者のハンヌ・コセッティ氏はAFPに対し、この国には「リーダーシップ」と「人間性」を備えた大統領が必要だと語った。

「もちろん、必要な場合には厳しくなければなりません」と彼は付け加えた。

フィンランドが昨年NATOに加盟したことにより、1,340キロメートル(830マイル)の陸上国境を接するロシアからの「対抗措置」の脅威が生じた。

フィンランドは12月、国境を越えようとする移民の増加に対応し、ロシアとの国境を閉鎖した。 モスクワは、移民を送り込んでいるというフィンランド側の主張を否定した。

フィンランド国境は東側のEUの外境として機能し、NATOの北東側面を表している。

YouTube ステッカー

フィンランドの新大統領は、2期6年の任期を終えて退任する75歳の現大統領サウリ・ニーニストの後任となる。

同氏は、フィンランド大統領にとって長らく重要な役割を担ってきたロシアとの緊密な関係維持における役割から、在任中に「プーチンの囁き者」というあだ名がついた。

READ  「西は安らかに眠ることができる」とルカシェンコは言い、NATOの緊張が高まる中、ベラルーシの攻撃を恐れている。