Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ストレス下の医療制度:自宅でウイルスが蔓延する中、大阪の家族は指導を1週間待った





国立感染症研究所から提供されたこの電子顕微鏡写真は、施設で分離されたコロナウイルスを示しています。 (国立感染症研究所の写真提供)

大阪-2月2日現在、日本の6回目の感染の波の中で、43万人以上が自宅でコロナウイルスから回復していました。 ウイルスに感染した大阪の68歳の女性は、地元の保健所に何日も連絡を取ろうとしたが、役に立たなかった。 その後、彼女と同居している娘や孫が熱を出しました。

この女性の場合、毎日新聞は、私たちが同じ状況に陥った場合に何ができるかを考えました。それはいつでも私たちの誰にでも起こり得ることです。

1月21日でした。 伝染性の高いオミクロンは日本中に広がっていました。 女性は突然の悪寒を感じ、体に何かがおかしいと感じました。 彼女は体温を測った。 摂氏39.5度。 私は激動の夜に耐えてきました。 翌日の病院での抗原検査により、彼女はCOVID-19に感染していることが確認されました。 重度の症状を防ぐために、彼女は抗体のカクテルを処方され、家に帰って地元の保健所からの電話を待つように言われました。

しかし、電話は来ませんでした。 彼女は4人で暮らしています:2人の娘と2人の孫。 家族は交代で保健所に何度も電話をかけたが、他の事件への対応に圧倒されたためか、通らなかった。 大阪府でも自宅で回復している人のための専用ホットラインを試したが、「保健所で対応しないと対応できない」とのことでした。

女性は腎不全を患っており、定期的な透析が必要です。透析は週に3回地元の診療所で行われます。 彼女はいつものように治療を受けることができるかどうか心配していましたが、33歳の娘は熱を出しました。 彼らは病院に電話をしましたが、患者が密接に接触しているのを見ていなかったので、保健所の指示に従わなければならないと言われました。

ついに、4日後に年上の女性の熱が発生し、彼女は健康に戻った。 しかし、彼女はまだ公衆衛生センターから何も聞いていませんでした。 彼女は彼女の状態に耳を傾けた彼女の通常の医者に電話をしました。 女性は、クリニックで透析のための特別な手当を彼女に提供したとき、彼女は安心したと言いました。

その間、ウイルスは彼女の家に広がりました。 彼女の30歳の娘と33歳の娘の赤ちゃんは両方とも陽性でした。 誰も家を出ることができず、親戚は食料品を外に落として手伝わなければなりませんでした。

自宅でも感染予防策を注意深く観察しました。 屋内でも、家族はマスクを着用し、部屋を真剣に換気していました。 しかし、人々を異なる生活空間に分割することはできません。 物件の高さは4階建てですが、トップ3には居住スペースしかありません。最初はワークデスクです。

「各フロアのスペースがとても狭いので、完全に離れることができませんでした。それほど伝染性があるとは思いませんでした」と女性は言いました。

公衆衛生センターは、彼女が症状を発症してから1週間後の1月28日に電話をかけました。 彼女は電話で4日後にまた出かけることができると言われました。 「たぶん、保健所は本当に忙しいのですが、すぐに電話してくれませんか?」 彼女は言いました。

「子供や孫が熱を出したとき、どうしたらいいのかわからず、家族はどうなるのかと考えていました。親戚や医師が助けてくれましたが、応援してくれる人がいなかったらと思います。私たちそれは本当に難しいでしょう。私は国と地方自治体がこの状況を改善するための計画を考え出すことを望んでいます。」





大阪市北区市役所、2019年3月18日(毎日/林由紀子)

大阪市保健所は、「病院からの報告を見て、既往症のある人との接触を優先している。今回の接触が遅れた具体的な理由はわからない」とコメントした。

***

コロナウイルスから自宅で回復する際の考慮事項:

家族が使用する別室

感染者や他の居住者は、可能な限りマスクを着用する必要があります

必ず手をよく洗い、換気してください

多くの住民が影響を受けることが多い場所の消毒

外に投げるときは、ごみをしっかりと閉じてください

ストレッチを含む適切な運動をする

※東京都等発行書類に基づくアドバイス

(大阪市ニュース部宮川幸子による日本語原作)

READ  キロノバの放射性の輝きは、中性子星の遅いスピンがブラックホールに急速に後退していることを示唆しています。