Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スプリングボクスとオールブラックスのスター、アーティ・ザビアが日本で4得点!  : プラネットラグビー

スプリングボクスとオールブラックスのスター、アーティ・ザビアが日本で4得点! : プラネットラグビー

埼玉ワイルドナイツと東芝ブレイブルーパス東京は土曜日に埼玉で決定的な頂上決戦で対戦し、両チームが日本ラグビーリーグ1での200パーセント記録のうち少なくとも1つを勝った場合に終了する。 今週末は8回戦の試合。

ワイルドナイツはリュート・デ・イェーガーの連続トライで、静岡ブルーレブズに45-19で勝利し、順位表でループスと1点差となった。

アウェイチームはハーフタイムにスプリングボクス・デ・イェーガーの先制トライでボーナスポイントを獲得し、長谷川龍太、小山大輝、ディラン・ライリーが得点した。 しかし、ブルーズのウイング、マロ・トゥイタマの2トライでホスト国を追い詰め、後半早々にウィンガーのリチャード・コー・ジョーンズがファーストタッチでゴールを決めた。

Tジャガーダブル

しかし、デ・イェーガーの2点目は決定打となり、若手フッカー・アツシ・サケットの終盤の追加点でデ・グレース・ザ・ワイルドナイツに確実なリードを与えた。

ブレイブ・ループス花園は近鉄ライナーズで予想以上に厳しい仕事をし、オールブラックスのスター、リッチー・モウンガがクエイド・クーパーと対戦し、日本に来て以来最高のパフォーマンスを見せた。

ワイルドナイツと同様、ブレイブルーパスもハーフタイムにチェタ・タマニバル選手が2トライ、ワーナー・ダーンズ選手と原田護選手がそれぞれ1トライずつ計4トライを挙げた。 しかし、ホセ・セルと木村友也のトライ、そしてコンバージョンとクーパーのペナルティでライナー達の得点を保った。

セルーは後半開始早々に2点目を脅かしたが、原田がモールでリードを取り戻した後、クーパーがショートサイドのモユンガを抜けて再び差を縮めると雪だるま式に得点した。 さらにウィンガーの菅原崇仁に豪快なオフロードを放ち、線審に衝撃を与えるトライを決めた。

しかし、モウンガはブラインドサイドを焼き払って浜田正樹を投入し、右サイドに30メートルの素晴らしいパスを送り松延大樹を送り込み、さらに15メートルのパスをさりげなく左サイドのライトニングディフェンスを越えて浜田を立てた。 。 もう一度ライナーを沈めます。 今週末は埼玉で何かの大会があります。



RT ザビエルのスター

日本の他の地域では、3位の東京サンロイドブラックラムズがニコラス・サンチェスが途中出場して2ゴールを挙げ、東京を62対0で破った。

4位のコベルコ神戸スティーラーズ、アルティ・サヴェアとブライアン・ガットランドはともに絶好調でトヨタ・ヴェルブリッツを57対22で破った。 オールブラックのサヴェアは4トライを決め、ガトランドは7つのコンバージョンと自身のペナルティを1つ決めた。 しかし、ヴェルブリッツにとっては残念な一日となった。ピーター=ステップ・デュ・トワ、アーロン・スミス、ビュートン・バレットの8-9-10の型が後半にうまく崩れなかった。

横浜キャノンイーグルスは、勝利のなかった三重ホンダヒートを最小限の騒ぎで退け、フランコ・モスタートが今季初トライを決めて50-21でヒートに勝利した。

そして週末の接戦では、三菱坂見原ダイナフォースがスピアーズのホームコートで34-28の勝利でクボタスピアーズを驚かせた。 南アフリカのロック、ウォルト・ステーンカンプが後半に2トライを挙げて試合を逆転させ、スピアーズより2つ順位を上げて8位に浮上した。

続きを読む: ルーズな上司:スティーブ・ボースウィックにはもっと時間が必要、スプリングボクスの採用、そしてボンギ・ムボナンビの無礼さ

READ  日本の規制当局は、セキュリティ違反を理由に原子力発電所での再起動を禁止しています| 日本