Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スポリア人は日本への旅行を望んでいる – ローレンス・ウォンに日本での勉強や仕事はどんな感じか聞く

スポリア人は日本への旅行を望んでいる – ローレンス・ウォンに日本での勉強や仕事はどんな感じか聞く

東京 – 多くの日本の若い起業家がシンガポールをスタートアップ立ち上げの出発点として利用していると、金融機関が金曜日にローレンス・ウォン副首相の話として伝えた。

これはシンガポールの「国際的なビジネス環境」によるもので、海外市場での事業展開を迅速に拡大することができます。

ウォン財務大臣は、東京への公式訪問の終わりにシンガポールのメディアに対し、「新興企業におけるわが国の若者たちのこのような共同作業により、両国間の関係が緊密化することになるだろう」と述べた。 それは確かに、私たちの経済協力に新たな側面を加えるのにも役立つだろう。」

同氏は、双方の人々の間の旅行には共通の関心があるが、例えば2022年12月だけで6万7,000人のシンガポール人が日本を訪れたが、関係を構築するためにはもっとできることがあると指摘した。

「私たちは良い基盤からスタートしていますが、交流が単なるレジャー旅行を超えて、双方のより多くの人々が学び、働き、より重要な活動に参加できるようになることを願っています。」

同氏は、シンガポール人が交換留学や全日制プログラムで日本の大学で学ぶことを奨励するなどの取り組みを政府がどのように奨励するかを検討し続けると述べた。

政治レベルでの意見交換も頻繁に行われている。 ウォン氏の訪日は、シンガポールが7カ国財務大臣会合にゲスト国として招待されたのに続き、5月に続いて2回目となる。

岸田文雄首相も5日にはシンガポールで休暇を取り、リー・シェンロン首相とワーキングランチを行った。

金曜日の20分間の会談で、ウォン氏と岸田氏はデジタル化やグリーン経済などの相互利益問題について二国間関係を発展させる方法について話し合った。

両首脳はまた、オープンで包括的でルールに基づいた地域構造を維持する必要性を再確認しながら、地政学的な発展についても語った。

日本とASEANは12月16日から18日まで東京で開催される2023年記念サミットで友好協力50周年を祝う。

日本の外務省の声明は、岸田氏がウォン氏に「ASEAN協力の新たなビジョン」を打ち出すと伝えたと伝えた。

一方、シンガポールの声明は、ASEANが日本との関係を現在の戦略的パートナーシップから包括的戦略的パートナーシップ(CSP)に格上げする計画であると述べた。

READ  日本はカンボジアを支援し、政府のワクチンを提供しています