Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スリランカは国連の常任理事国を目指すインドと日本の努力を支持する:ウィクラマシンハ大統領

スリランカのラニル・ウィクラマシンハ大統領は火曜日、インドと日本の国連安保理常任理事国入りを支持すると述べた。

ウィクラマシンハ大統領は現在、安倍晋三元首相の葬儀に参列するために来日している。

火曜日の日本の林義正外務大臣との会談で、ウィクラマシンハは「国際場裡における(スリランカへの)日本の支援に感謝し、日本とインドの両国が国連安全保障理事会の常任理事国になるキャンペーンを支援する意向を政府が表明した。大統領府は言った。メディアのリリースは言った。

国連は、21 世紀の地政学的現実を代表するものではありません。 インドは、安保理の常任理事国になる資格があると言って、安保理改革の何年にもわたる取り組みの最前線に立っています。

現在、UNSC は 5 つの常任理事国と 2 年の任期で国連総会によって選出される 10 の非常任理事国で構成されています。

常任理事国の 5 か国は、ロシア、英国、中国、フランス、米国であり、これらの国はいかなる肯定的決議にも拒否権を行使できます。 現代のグローバルな現実を反映するために、常任会員の数を増やす必要性が高まっています。

インドは現在、国連安全保障理事会の選出された非常任理事国としての 2 年間の任期の 2 年目の途中にあります。

インドの理事会の任期は 12 月に終了し、同国は 12 月に強力な国連機関の議長も務めます。

土曜日、S ジャイシャンカール外務大臣は、第 77 回国連総会の一般討論で、インドはより大きな責任を負う準備ができていると主張しました。

改革された多国間主義 – 核となる安全保障理事会の改革 – への呼びかけは、国連加盟国の間でかなりの支持を得ている、と彼は述べた。

「これは、現在のアーキテクチャが時代遅れで効果がないという認識が広まっているためです。大陸や地域全体の将来を議論するフォーラムで発言することを拒否しており、非常に不公平であると見なされています」とジャイシャンカール氏は述べています。

一方、ウィクラマシンハ大統領府は、国際通貨基金からの救済施設を確保するための島の入札に不可欠であるスリランカの債務再編において、日本が主導的な役割を果たす意思を表明したと述べた。

国際通貨基金は、債務再編を条件とするスリランカとの職員レベル協定を締結する準備ができていると述べた。
4 月中旬、スリランカは、外国為替危機により、国際債務のデフォルトを発表しました。 同国には 510 億米ドルの対外債務があり、そのうち 280 億米ドルが 2027 年までに返済される予定です。

IMF は、持続不可能とみなされる国には融資せず、スリランカは包括的な債務救済を受ける必要があります。

中国とアジア開発銀行 (ADB) を除けば、インドと日本がスリランカの主要な貸し手です。

スリランカは日本に銀行を持っており、その代わりに債務再編会議を開催しています。

Wickremesinghe はまた、失速した日本のプロジェクトをスリランカで復活させることに関心を示している、と当局者は述べた。

READ  日本は今月からワクチン証明書のテストを開始します