Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

スリランカ大統領、ライトレール計画中止を日本に謝罪

次の経済 – スリランカのラニル・ウィクラマシンハ大統領は、二極化した地政学的状況の中で、多くのアジア諸国はすでに中国か米国のどちらかを選択しており、その選択はアジアが北京と米国双方による野心的なプロジェクトを吸収することであると述べた。

ウィクラマシンハ氏は本日(25日)、日本の東京で開催された「日経フォーラム:アジアの未来」で講演した際にこのようにコメントし、地政学が進化する中でアジア諸国が地域の役割形成に発言権を持つことの重要性を強調した。世界的な舞台で。

ウィクラマシンハ氏は聴衆に対し、「私たちアジア人は米国か中国のどちらかを選びたくない」と語った。

「私たちはすでに選択をしており、その選択がアジアであるため、その選択をできる人は多くありません」と彼は語った。

「アジアの未来」は、アジア太平洋地域の政治、経済、学術のリーダーが地域問題や世界におけるアジアの役割について率直かつ自由に意見を発表する国際的な集会です。

このフォーラムは1995年から日経新聞社によって毎年開催されており、アジアで最も重要な国際会議の一つとみなされています。

スリランカ財務大臣としてフォーラムに出席するために招待されたウィクラマシンハ氏は、アジア諸国はすべて冷戦後の米中協力から恩恵を受けてきたが、その後の中国の急速な台頭と両国の合意の不可能さについて述べた。国際舞台における中国の役割について、同氏は「我が国の地域における不必要な緊張」と評する対立関係を招いていると述べた。

中国は主にアジアとアフリカを対象とする野心的な一帯一路構想(BRI)を打ち出し、一方米国はその代替案として、我が国の太平洋岸からインド洋に至る地域(人口の半分以上が住む地域)におけるインド太平洋戦略を推し進めた。 。 世界人口のほぼ3分の2、世界経済のほぼ3分の2、そして世界最大の軍隊のうち7つ。

ウィクラマシンハ氏は「われわれはインド太平洋地域、一帯一路構想、そしてインド太平洋に対するASEANの期待に応えられるアジアを望んでいる」と述べた。

「一帯一路構想は、経済的手段を通じてアジアとアフリカにおける中国の影響力を高める戦略である。我々一帯一路構想の加盟国は中国と安全保障協定を結んでいないし、いかなる安全保障協定を結ぶつもりもない」中国とともに。」

「インド太平洋地域は、未解決の疑問を抱えた進化する概念です。」

地政学センター

スリランカは南アジアにおける中国と米国の地政学的戦争の中心となっており、世界第6位の経済大国インドは米国の忠実な同盟国となっている。 政府関係者らは、インド洋の安全保障上の潜在的な懸念を理由に、この島国はインドと西側諸国から中国による同国への投資を許可するよう圧力を受けていると述べた。

ウィクラマシンハ氏は、米国と中国の対立は西側諸国の多くの反応、特に経済的強制や経済的脆弱性の武器化につながっていると述べた。

しかし、こうした対応の中には、この地域の貿易統合を後退させる可能性もある。 西洋とは対照的に、アジアは中低所得経済国が大半を占めています。」

アジアの高所得国 12 か国のうち、西アジア以外にあるのは 6 か国だけです。 中国、インド、インドネシアを含む残りの国は中所得国です。 私たちは不況という中所得層の罠を克服しなければなりません。」

ウィクラマシンハ氏は、経済的強制に加えて、通常は一緒に上昇したり下落したりする異なる資産クラスが反対方向に動き始める経済的デカップリングや、WTO規則に反する同様の措置も貿易統合の障害となっていると述べた。

「言うまでもなく、私たちスリランカや他の多くのアジア諸国は、ある国がその経済力を利用して別の国に強制することによるものであれ、デカップリングや友好工業化の支援や地政学上の同盟国からの調達などの間接的な方法によるものであっても、経済的強制に反対します。ただ、WTOとは異なります。

したがって、30年前に創設されたWTOシステムは、短期的な地政学的利益のために迂回されるべきではありません。 ゲームのルールは恣意的に変更することはできません。 敗者となるのはアジアの中所得国だ」(コロンボ/2023年5月25日)


読む

READ  日本の経済界の世論は中国に敵対する