Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

セガはマイクロソフトと協力してゲームを開発しています

日本のエンターテインメント企業Segaは月曜日、XboxメーカーのMicrosoftと戦略的提携を結び、米国のクラウド大手Azureでビデオゲームを開発することに合意したと発表しました。

人気の「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」シリーズの作者である同社は、このパートナーシップは、多額の予算で国際的な野心を持ったタイトルを開発するためのセガの長年にわたる「スーパーゲーム」プロジェクトの一部であると語った。

日本のゲームメーカーは声明のなかで、「近年の5Gとクラウドサービスの普及により、世界はこれまで以上に接続され、消費者はいつでも高品質のエンターテインメントコンテンツを簡単に楽しむことができるようになりました」と述べています。

「マイクロソフトと協力して、今後さらに加速するこのような傾向を予測することで、開発プロセスを改善し、Azureクラウドテクノロジーを使用するプレーヤーに高品質のエクスペリエンスを提供し続けることが目標です。」

SegaがAzureサーバー用に特別に開発したタイトルは、今後数年間でXbox Game Passに表示される可能性があります。これは、ユーザーがXboxコンソールを介してゲームの大規模なカタログにアクセスできる月額サブスクリプションサービスです。

人気の「ヤクザ」フランチャイズを含むいくつかのセガゲームは、ゲームパスですでに利用可能です。 一部は、Sony PlaystationNowサブスクリプションまたはNintendoDigitalStoreでも入手できます。

セガ株は月曜日の東京での取引で6%近く急上昇した。

欧州連合へのFacebookの通知!
Facebookのコメントを表示および投稿するには、ログインする必要があります。

READ  日本またはヨーロッパでのNintendoSwitch限定商品:北米でのプレイ方法