Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソニーがチェリオスの形をしたヘッドホンを発売| 科学技術ニュース

ソニーは、音楽やポッドキャスティングを聴きながら周囲の世界を聴きたい人のために、チェリオスの形で新しい範囲のワイヤレスヘッドフォンを発売しました。

LinkBuds(149ポンドで入手可能)は、このチャレンジに新しいアプローチを取ります。これは、恐ろしいバイカーのベルを後ろから失うことを恐れるランナーをしばしば心配するものです。

AppleのAirPodsなどの一部のヘッドフォンモデルには、周囲の音を増幅する透過モードがあります。 Schocksなどの他の製品は、骨伝導を使用して、耳を露出させたまま頬の振動を介して着用者に音を伝達します。

ただし、LinkBudsは、中央に物理的な穴がある12mmのリング状のドライバーを使用しているため、音が障害物のない外耳道に直接伝わります。

写真:
丸い形のスピーカーは、外部の音を通過させます。 写真:ソニー

「NeverStop」は、LinkBudsの5.5時間のバッテリー寿命と、人々が会話をしている間もそれらを身に付け続ける能力を考慮して、日本のハイテク巨人が協力することを選択した広告スローガンです。

新しいデバイスは白とダークグレーで提供され、一部はリサイクル素材で作られているため、ほこりや毛羽を拾ったかのように汚れが目立ちます。

もちろん1979年にウォークマンを開拓したソニーは、完全な耳のカバーを提供するいくつかを含む幅広いヘッドフォンを持っています。

レビューによると、これらの他のモデルのいくつかは、熱心なオーディオファンのお気に入りかもしれません。その多くは、チェリオスのスタイルは、LinkBudsができるだけ多くの低音を提供するのに苦労していることを意味すると言います。

ソニーが組み込んだもう1つの珍しいデザイン機能は、LinkBuds自体を押すという課題を認識することです。

代わりに、着用者は耳の前をタップして耳を制御することができ、つぼみは振動を通じて一連のジェスチャーを認識できます。

READ  歴史的な G7 協定の対象となるハイテク大手とタックスヘイブン