Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソニーが宇宙レーザー通信事業を開始

フロリダ州タンパ-ソニーは、CDプレーヤーやその他のデバイス向けに開発した光ディスク技術を利用して、小型衛星用のレーザー通信機器を開発する会社を設立しました。

日本のグループは6月2日、カリフォルニア州サンマテオにSony Space Communications(SSC)を設立し、低地球軌道(LEO)の衛星数が増えるにつれて企業が電波を使い果たしないようにすることを発表しました。

SSCは、小型衛星が無線周波数の代わりにレーザーを使用して地上局と通信し、リアルタイム通信のために相互に通信できるようにするハードウェアを開発、構築、および供給することを計画しています。

LEOで使用されるデータの量は年々増加していますが、電波の量は限られていると、最高安全保障委員会の岩本清日委員長は声明で述べています。

「さらに、マイクロサテライトなどの小型衛星に必要な通信機器の無線周波数ライセンスの必要性と低消費電力要件も、対処する必要のある問題です」と彼は言いました。

ソニーは、従来の無線通信には光ネットワークよりも大きな衛星アンテナと大容量が必要であり、小型衛星で高速を実現することは事実上困難であると述べました。

ソニーは、NASAが10から100キログラムの重さの宇宙船と定義しているマイクロサテライトに収まるほど小さい光通信システムを研究開発していると述べた。

同社は、自社のデバイスがいつ利用可能になるのか、あるいは顧客がテクノロジーを入手するために列を作っているのかどうかについては明らかにしなかった。

SSCは、その光ディスク技術を応用して、宇宙の過酷な条件に耐えることができる、小規模、軽量、大量生産の衛星通信デバイスを作成することを計画しています。

ソニーは2020年に、国際宇宙ステーションの日本の実験モジュールであるきぼうに、日本宇宙局と協力して開発した光通信装置が設置されたと述べた。

ソニー、ソリス、または国際宇宙ステーション小型光リンクによると、日本の宇宙光通信地上局との双方向レーザー通信リンクを確立し、高解像度の画像データの送信に成功しています。

ソニーはまた、LEO光通信を介したインターネットサービスの「技術的基盤」を提供すると述べ、今年はデータファイル転送の試験を成功裏に実施したと述べた。

ミナレクそしてその CACIそしてその テサット レーザー通信技術が成熟するにつれ、他の企業も光宇宙ビジネスを構築しています。

日本でのスタートアップワープスペースは 衛星間のレーザー通信システムの開発また、米国企業と提携し、政府や軍の契約をめぐって競争することを目指して、米国のプレゼンスを強化するために取り組んでいます。

READ  フィリップ・ノーマンは、私たちの生活の中でロボットの存在を拡大することを目標としています