Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソニーのアニプレックスがOrigamixを買収 – 品揃え

ソニーのアニプレックスがOrigamixを買収 – 品揃え

「鬼滅の刃」などのアニメ映画やシリーズの大手制作・配給会社として知られるソニーの事業部門アニプレックスは、日本の知的財産開発・タレントマネジメント会社オリガミックス・パートナーズを買収する計画だ。 同社はライブプロダクションに拡大される予定です。

この契約は水曜日に発表され、6月1日から発効する。 買収条件は、アニプレックスが同社の「全額株式」を取得すること以外は明らかにされていない。

ソニーは、映画「キングダム」シリーズと「Netflixでシーズン2が放送中」の「今際の国のアリス」シリーズを手掛けたOrigamixがMyragion Studioにブランド変更されると発表した。

ソニーは「新会社として事業を開始するメイラギオンは、これまでのタレントエージェント事業や知財開発事業に加え、新たにライブプロジェクトのプロデュース事業にも携わる」としている。 「彼女の直接プロデュースでは、クリエイター(プロデューサー、脚本家、監督)が中心となり、世界市場に向けたコンテンツの開発と制作に注力していきます」と、『今際の国のアリス』『キングダム』の佐藤信介監督との関わりは継続する。 」とソニーは語った。

新会社として事業を開始する一環として、Myragion は、元 CEO の Jinnie Choi によって 2021 年に設立された Imaginus コンテンツ スタジオと戦略的パートナーシップを締結します。 [TV production giant] 韓国のドラゴンスタジオ。 このパートナーシップに基づいて、チェ氏はMyragionのエグゼクティブアドバイザーとなり、強力で優れたアジアの生産ネットワークを一緒に構築することを目指します。」

最新の年次戦略プレゼンテーションでソニーは、同グループが世界的な映画やテレビ(「映像部門」として知られる)、ゲーム機、ソフトウェア、音楽といったエンターテインメント分野での買収を継続することを目指していると述べた。

同社の日本の映画およびテレビ事業は、大規模な音楽出版および配信事業の一部であるソニー・ミュージックエンタテインメント(日本)の子会社の一部です。

同グループが2021年に買収したアニメストリーミングサービス「クランチロール」は、米国に本拠を置くソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントとアニプレックスが独立して運営する合弁事業である。

READ  BLACKPINKが日本語版「恋愛後遺症」のミュージックビデオを公開