Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソニーはグローバルエンターテインメントの10億人のユーザーをターゲットにしています

ソニーグループは水曜日、クリエイティブエンターテインメント企業としての基盤を固めるための取り組みの一環として、ゲーム、アニメ、その他のエンターテインメントサービスを通じて、現在の6倍以上の10億人のユーザーにリーチすることを目指していると語った。

ソニーは水曜日に発表された事業戦略の下で、エンターテインメントやテクノロジーなどの主要な成長分野に、2024年3月までの今後3年間で約2兆円を費やすと述べた。

ソニーは、PlayStation 5のゲーム機とその関連ソフトウェアの人気を、子会社が共同で配布している人気漫画シリーズ「鬼滅の刃」をベースにした大ヒットアニメーションとともに捉えました。

ソニーグループの吉田憲一郎会長兼最高経営責任者(CEO)は、事業戦略に関するオンラインブリーフィングで、「コミュニケーションをとる人の数を現在の1億6000万人から10億人に増やしたい」と述べ、アニメーションとゲームは「順調に進んでいる」と付け加えた。一緒”。

吉田氏によると、現在、ゲームは既存の顧客ベースの大部分を占めており、ユーザー数は1億人近くに上ります。 彼は、グループが10億を超えることを目指しているとき、それ以上の詳細を提供したり、明らかにしたりしませんでした。

「(10億の目標に対して)1つの方法は、私たちがすでに持っているものを拡大することであり、もう1つは、新しい関心のあるコミュニティを作成することです」と吉田氏は、グループ外の他の企業と協力できることを示しました。

コロナウイルスのパンデミックは、人々が家庭でゲームをしたり他の娯楽サービスを利用したりすることに多くの時間を費やすにつれて、グループの売上を押し上げました。 プレイステーション5は11月の発売以来、旺盛な需要に応えており、ソニーグループは、世界的なチップ不足の中でも、2年目の販売目標を世界で1,480万台に設定しています。

経常収益は、PlayStationPlusサブスクリプションと音楽ストリーミングサービスを提供するソニーの成長を後押ししました。

ソニーは昨年、200を超える国と地域に数百万人の登録ユーザーを抱える米国のアニメストリーミングサービスオペレーターであるCrunchyrollを11.8億ドルで買収する計画を発表しました。

ソニー株式会社から社名変更後。 ソニーグループは4月に、金融サービス、ゲーム、エンターテインメント、エレクトロニクスなど、日本のグループの主な機能を実行します。 この変化は、電子機器の絶え間ない多様化を表しており、ブランド名を有名にしています。

「コンテンツの作成と配信(消費者への)の観点から、テクノロジーは重要です」と吉田氏は述べています。

ソニーグループは、スマートフォンに採用されているイメージセンサーで大きな成功を収めています。 同社は長期的な成長を後押しするために、イメージセンサーが自動車の安全性に貢献できる重要な分野としてモビリティに重点を置いています。

プロトタイプの電気自動車Vision-Sを発表し、テストを実施しました。

「(クルマの)安全確保に貢献することで、新たなエンターテインメント分野への発展に貢献します」と吉田氏。

オンライン記者会見で、吉田氏は、ソニーグループと台湾半導体工業株式会社が熊本県に工場を建設する計画についてのメディア報道についてコメントすることを拒否した。

しかし吉田氏は、イメージセンサーに使用される半導体の「安定供給を確保することが重要」と語った。

誤った情報と多くの情報の両方の時に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  エバーグランデがプッシュするにつれて、アジアのハイテク株が急上昇し、中国の不動産株が上昇する