Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソニーは新しい契約でセサミストリートの日本への帰国への道を開く

東京—ソニーグループは、17年間の休止期間を経て、日本で子供向けセサミストリートの登場人物の権利を取得しました。商品からビデオゲームまでの新しいコンテンツでエンターテインメント事業を拡大する計画があることを日経は学びました。

グループの知的財産権を管理するソニークリエイティブプロダクツは、ブランドの背後にあるアメリカの非営利団体であるセサミワークショップとライセンス契約を締結しました。 1つの目標は、シリーズを日本で放映することです。

この動きは、ソニーがエンターテインメントに協調的に焦点を合わせていることを強調しています。エンターテインメントは、さまざまなビデオゲーム、音楽、映画を通じてグループの売上のほぼ半分を生み出しています。

コンテンツをめぐる世界的な競争は激しさを増しており、日本のグループはウォルト・ディズニー・カンパニー、ネットフリックス、マイクロソフトなどの企業と競争している。 テクノロジーの巨人はより多くの資金を調達していますが、ソニーはその傘下で一連のオペレーションを活用することができます。

「従来のライセンスに加えて、今回はソニーグループ全体と協力してビジネスチャンスを創出したいと考えています」とSCPの社長である大竹健は述べています。

ソニーの最近のエンターテインメント取引には、英国のポッドキャスト開発者であるSomethin’Elseの購入、Fortniteの作成者であるEpic Gamesへの投資、アニメストリーミングサービスのCrunchyrollの買収が含まれます。

ソニーは以前、1989年から2004年まで日本のセサミストリートの権利を保有しており、ブランド商品の販売に重点を置いていました。 今回は衣料品などをはじめ、セサミワークショップとのパートナーシップをさまざまな分野に広げていきます。

セサミストリートは1971年にNHKの定期番組の一部となり、人々が英語を学ぶのを助け、年齢層を超えてファンを引き付けました。 しかし、NHKは2004年にシリーズの放送を停止し、引き継いだテレビ東京も2007年に番組を中止しました。

SCPは、セサミワークショップと協力して日本の視聴者に合わせたコンテンツを作成することにより、日本の放送局に通常の番組でのセサミストリートの位置を取り戻すよう促します。 日本でのシリーズの挑戦は、オンエアデビュー以来衰退しているシリーズの名声と人気を強化することです。

日本特有のコンテンツは、テレビだけでなく、インターネットを介して有料でストリーミングすることもできます。 米国では、セサミストリートの新しいエピソードが、公共放送のPBSで放送される前に、サブスクリプションサービスであるHBOMaxで初めて利用可能になりました。

Musicは、ソニーと提携しているアーティストに、セサミストリートの登場人物をフィーチャーしたその他の潜在的なビジネスチャンスのほか、モバイルやPlayStation向けの教育ゲームを提供しています。

ソニーが17年前にセサミストリートの権利を最後に保有して以来、グループはその焦点を電子機器から娯楽に移しました。 SCPは、サードパーティブランドのライセンス供与にある程度成功しています。 2009年にピーナッツ、2012年にピーターラビットの権利を取得し、5年間で日本での収益を2倍以上に増やしました。

日本のセサミストリートを復活させるために、同社は3年以内に国内の商業収益を約80億円(7,230万ドル)に倍増することを目指しています。 イベントやその他の取り組みを通じてブランドの露出を増やすことを目的としています。

セサミストリートは1969年に米国で放送を開始しました。ブランドオペレーターのセサミワークショップは、日本を含む150か国以上に存在し、地方自治体と協力して学校向けの教育コンテンツを作成しています。

セサミワークショップは、教育的非営利団体として、多様性やその他の社会問題についての意識を高めるために取り組んできました。 たとえば、アメリカ版のショーでは、自閉症のキャラクターと中毒に対処する親が登場しました。 ソニーは、国連の持続可能な開発目標を達成するための取り組みの一環として、多様性を促進するために日本特有のキャラクターやその他のコンテンツを作成したいと考えています。

READ  映画「鬼滅の刃」の更新により、2020 年最高の興行収益を上げた映画に近づく