Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソニーは日本で最初のTSMCチップ工場への投資を検討しています

日経は、世界最大のチップメーカーである台湾の半導体メーカーとソニーが、西日本に半導体工場を建設するために約8000億円(70億ドル)の共同投資を検討していることを知りました。

ソニーはまた、熊本県にあるソニーが所有する土地と、ソニーのイメージセンサー工場に隣接する地域にある工場を運営する新会社の少数株主になる可能性があると、この問題に詳しい何人かの人々は述べている。 。 。 この工場では、カメラのイメージセンサーに使用される半導体や、自動車などの製品用のチップを生産し、2023年または2024年までに稼働する予定であるとのことです。

TSMCの日本での最初のチップ生産となるこの施設の計画は、世界の技術産業が前例のない半導体不足とサプライチェーンの混乱に取り組んでいることから始まります。 台湾のハイテク巨人は7月に、プロジェクトの計画を「積極的に検討」していることを確認しました。 日経アジアは以前、TSMCがその決定を最終決定する過程にあり、ソニーとの協力にオープンであると報告しました。

日経は、チップ不足や台湾海峡をめぐる緊張の高まりの中でサプライチェーンの安定を維持することにますます懸念を抱いている日本政府が補助金でプロジェクトを支援することを知りました。

日本のチップメーカーは2010年までに大規模チップを開発する競争から脱落し、代わりにTSMCのような企業に高度な半導体の生産を委託しました。 日本は台湾企業からの直接投資を受け入れることで、国内の先進製品の生産を復活させたいと考えています。

計画された投資は、米国やヨーロッパなどの主要経済国も、国家安全保障上の理由から半導体生産を上陸させるために競争しているために行われます。 ワシントンは今年初め、研究開発と半導体製造を支援するための超党派の520億ドルの法案を可決した。

TSMCはこの話についてコメントすることを拒否した。

READ  中国の風力タービンメーカーが電気自動車を充電するロボットを発売