Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソニーは通年の純利益と売上予測をアップグレード

ソニーグループは木曜日、音楽、映画、電子機器の分野で力強い業績を期待しているとして、通年の売上高と収益の予測を引き上げた。

第2四半期の全体的な弱さにもかかわらず、楽観的な見通しが得られ、純利益は昨年の同時期の異常な結果と比較して半分以上削減されました。

今年、主要なオンラインアニメーションライブラリであるCrunchyrollを12億ドルで買収したこのグループは、この買収によって主要な映画部門の売上と利益が増えると見込んでいると語った。

ソニーはエンターテインメント事業を着実に成長させており、「アニメ事業のライセンス収入」などもあり、音楽販売の牽引が見込まれます。

今期の純利益は、前回予想の7,000億円から7,300億円(64億ドル)を見込んでいる。

また、年間売上高予想を9.7兆円から9.9兆円に引き上げた。

東京のエース研究所のアナリスト、安田秀樹氏は、「ソニーは、主流のエレクトロニクス分野で力強い業績を上げている」と語った。

音楽部門は引き続き堅調に推移する一方、映画関連事業は力強い回復が見込まれます。 「これらの強力なセクターは、ゲーム事業の落ち込みを相殺した」と安田氏は語った。

グループの純利益は、第2四半期に半減して2,131億円になりました。これは、ウイルスのシャットダウン中に人々が屋内エンターテインメントに目を向けたため、ゲーム部門のパンデミックブームが鈍化したためです。

一時的な減税も昨年の同じ四半期に力強い純利益の結果に貢献しました。

ソニーは昨年度、過去最高の年間純利益を報告し、9兆円近くの過去最高の売上高で2倍以上の1.17兆円となった。

楽天証券のシニアアナリスト、今中康夫氏は、「ゲーム業界は、この一年で例外的な年を迎えた」と語った。

「ソニーは現在、逆行性の衰退を経験している」と今中氏は決算発表の前に語った。

今中氏は、ソニー・アニプレックスのアニメーションユニットが配給したアニメの叙事詩「鬼滅の刃」での興行収入のプラスの影響は「予想よりもはるかに長く続く」と語った。

12月には、10代の若者が悪魔を狩り、その前に立つ「悪魔スレイヤー」が、日本で史上最高の売上を記録した映画になりました。

タイトルはまた、外国語映画のために北米でこれまでに記録された最高のオープニングを持っていました。

ソニーはまた、COVID-19の制限が世界中で緩和され、「ゴーストバスターズ:アフターライフ」や「スパイダーマン:ノーウェイホーム」などの大ヒット映画が年末までに登場することで、映画のチケット販売が急増することを望んでいます。

東京のライトストリームリサーチのアナリスト、加藤美緒氏は、「市場が飽和状態にならない限り、スパイダーマンフランチャイズからの収入は非常に安定している」と語った。

彼女は、ソニーには「長編映画にうまく翻訳できる」ゲームフランチャイズがたくさんあると付け加えた。

「この種のクロスセリングは、日本企業が過去2、3年で実際に発見し始めたものなので、タイミングの問題です。」

最高財務責任者の戸時博子氏は記者団に対し、ソニーは台湾のマイクロチップ大手TSMCによる日本初の工場建設計画への参加を交渉していると語った。

「安定した半導体供給は、日本全国にとって良いことです。決定が下されたら、遅滞なく発表したいと思います。」

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  女王は北アイルランド旅行をキャンセルし、休息を求めます| 女王