Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソニーは2021年度の減益を見込んでいます

日本のソニーグループは水曜日に、2022年3月に終了する年度の営業利益は4%減の9,300億円(85億ドル)になると予想していると語った。

同社は、コロナウイルスのパンデミックの初期段階で前例のない需要が見られた前年よりも、稼ぎ手ゲーム事業が低くなると予想しています。 ソニーは、次世代のプレイステーション5ゲーム機の売上が収益を生み出すと予想しているが、ソフトウェアの売上が減少すると利益が損なわれる。

イメージセンサー事業に関連する研究開発費の増加は、同社に下向きの圧力をかけるでしょう。

ソニーは売上高が7%増の9.7兆円となる一方、税制上の優遇措置により大幅に増加した前年比43%減の6,600億円を見込んでいます。

ソニーは2021年3月期に純利益が101%増の1.1兆円と過去最高を記録し、売上高は9%増の8.9兆円となった。 営業利益は15%増の9,710億円。

日本のエレクトロニクスとエンターテインメントの巨人は、4月1日から始まった今年度から財務報告に国際会計基準を使用しています。 したがって、毎年の比較は正確ではない可能性があります。

READ  ミャンマーは、日本のジャーナリストを偽のニュースで非難している