Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソニーミュージックは、アーティストの精神的健康をサポートする上で主導権を握っています

精神疾患が依然としてタブーの対象として広く認識されている日本では、ソニーグループの音楽部門が、署名したアーティストに精神的および肉体的な健康管理を提供するパイロットプロジェクトを開始しました。

LiSAや矢野顕子などのスターを本に載せている同社は、コロナウイルスのパンデミックがパフォーマーの労働生活にもたらしている犠牲に対応して行動しました。

アーティストの働き方や契約が異なるため、雇用主が定期的に健康診断を行う会社で働く人々とは対照的に、彼らの健康への懸念は主にアーティスト自身または彼らのタレントマネージャーによるものです。

2021年8月に開始された新プログラムの下で、ソニーミュージックエンタテインメント(日本)株式会社。 そのアーティストとクリエーターは、無料の24時間オンライン医療相談、対面相談、および定期的な心理的および身体的検査を行っています。

SMEJのグローバルビジネス戦略担当バイスプレジデントである小花真司氏は、音楽会社が非営利団体と協力している欧米とは対照的に、サイドBと呼ばれる新しいイニシアチブが日本で提供している種類のサポートを見つけるのは非常に難しいと言います。そのアーティストの精神的な幸福をサポートするため。

「(2021年)春に実験として始まった定期的な精神検査は、芸術家たちに大歓迎されました」とオバナ氏は言い、以前はこのような手順がなかった会社の努力に感謝していると述べた。

業界コンサルタントの石井有里氏は、アーティストが長時間労働や音楽を追求するために直面​​するその他の苦労に耐えることができるという仮定は、パフォーマーの精神的健康に有害であると述べています。 | 共同通信

「相談を受ける人の数はまだ少なく、検出できませんが、徐々にアーティスト、クリエイター、従業員がそれを使い始めています」と彼は言います。 現在、B面サービスの恩恵を受ける資格があるのは約400〜500人です。

オパナ氏によると、コロナウイルスの大流行により、SMEJは、アーティストがコンサートを設定し、アーティストとしての役割を果たすことが困難なため、組織としてのアーティストを支援する必要があると表明したため、行動を起こすようになりました。

また、メンタルヘルスへの意識を高め、社内でよりオープンに話し合える環境づくりのため、全社員を対象とした社内ワークショップを開催する予定です。

音楽業界で働いたコンサルタントは、人々がメンタルヘルスの問題について話すことを躊躇している国で、B面のイニシアチブを「先駆者」として賞賛しました。

しかし、彼らは、対策は状況を根本的に改善するのに十分ではないと言います。

大手レコード会社でCEOを含めて30年以上働いている業界コンサルタントの石井ゆり氏は、業界で強い立場にある人は、いくつかの仮定を手放す必要があると言います。音楽は彼らが愛するものであり、彼らが直面する困難は仕事と調和しているということです。

彼女は、業界の多くの高齢者は、成功を収めるために長時間労働と嫌がらせを乗り越えた彼ら自身の経験に基づいて、若い芸術家がキャリアを築くための困難に耐え、克服することを依然として期待していると言います。

「経済ブームを背景に結果が出てきたので、これまでは大変な努力が報われてきましたが、40歳未満の人にとっては必ずしもうまくいくとは限りません」と石井氏は言う。

若いアーティストは、大規模なコンサートホールでの演奏からオンラインでの作品の発表まで、キャリアの目標が異なりますが、高齢者がこれらの変化する願望を理解できない場合、将来的に持続不可能なワークスタイルを課すなどの不便につながる可能性があります。 パフォーマー、彼女は言います。

アーティストはまた、不安や痛みが創造性の必要な源であると信じがちです。これは、ファンやプロデューサーがよく共有する見解です。 今日の新しい曲を作成するストレスに加えて、アーティストがソーシャルメディアでそれを宣伝したいかどうかにかかわらず、それを宣伝するという期待があります。

東京のミューズ音楽アカデミーの芸術家から産業コンサルタント兼教師に転向した手島正彦氏は、そのような期待の重みは、たとえストレスを感じていても、芸術家が必要な休息をとることを妨げる可能性があると言います。

業界コンサルタントの手島正彦氏は、彼が知っている多くのアーティストは、ソーシャルメディアが重い負担を使用しているため、オンラインでの嫌がらせを受けやすいと考えていると述べています。  | 共同通信
業界コンサルタントの手島正彦氏は、彼が知っている多くのアーティストは、ソーシャルメディアが重い負担を使用しているため、オンラインでの嫌がらせを受けやすいと考えていると述べています。 | 共同通信

テシマ氏によると、学校を卒業したアーティストを含め、彼女が知っている多くのアーティストは、ソーシャルネットワーキングサービスの使用が「重い負担」であると感じています。これは、オンライン攻撃に対して脆弱になることも一因です。

ソニーミュージックのイニシアチブは重要であるが、ファンがメンタルヘルスについて学ぶ「過渡期」でもあり、そのような知識は「ブレーキとして機能し」、誰かがアーティストに直接虐待的なメッセージを送るのを防ぐことができる。

「ファン、アーティスト、レコード会社がアーティストの健康を尊重するルールを作ることができれば、状況は良くなると思います」と手島は言う。

日本のコンサルタントは、多くの根本的な問題は他の業界に共通しており、より多くの芸術家がその重要性について話すことができれば、メンタルヘルスケアに対する一般の認識が高まる可能性があると述べています。 彼らは、彼らが直面している課題について率直に話したアメリカの歌手ビリー・アイリッシュや韓国のボーイバンドBTSなどの海外からの例を引用しました。

テシマ氏によると、アーティストは、何か新しいことを始めることと引き換えに、社会の他の人よりも先に苦しむ傾向があるため、「炭鉱のカナリア」と呼ばれることがよくあります。

「日本社会はメンタルヘルスについての知識が不足していますが、それに対して偏見があります」と手島は言います。 「しかし、音楽と芸術が大きな変化の合図となることを願っています。」

ソニーミュージックのオバナ氏は、同社はその専門知識を共有し、業界の他の企業と協力する用意があると述べています。 また、ヨーロッパやアメリカですでに行われているように、アーティストをサポートするために医療機関と協力することもできます。

「パンデミックの真っ只中で、多くの人がエンターテインメントを通じてどれだけ彼らを助けているかを理解していると思います」とオパナは言います。 「私たちを励ましてくれたアーティストたちが健康を保ちながら働くことができる、より良い環境を作りたいと思っています。」

COVID-19ガイドラインに沿って、政府は居住者と訪問者がバー、レストラン、音楽会場、その他の公共の場所を訪問することを選択した場合は注意を払うよう強く求めています。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  2022 年に 4 日間のバンク ホリデーでクイーンズのプラチナ ジュビリーを祝います。 女王