Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソビエト連邦は1972年に日本と中国の間の島の線を終わらせました

京都ニュースが日曜日に発表した文書によると、ソビエト連邦は、日中関係の改善に対応して、北海道から紛争中の4つの島のうち2つを引き渡すことにより、1972年に日本との地域紛争を解決しようとした。

専門家によると、日中外交関係の正常化をめぐるソ連の武装勢力は、モスクワが東京との地域紛争を解決するきっかけとなり、戦後の和平協定が初めて成立したとのことです。 日本とロシア。

ソビエト連邦共産党中央委員会の政治局が1972年8月3日に日本との関係を改善するための措置について話し合ったとき、和平協定草案を含む一連の以前に分類された文書が作成された。

しかし、東京が四島の撤退を主張したため、日本とソビエト連邦は妥協に至らなかった。

1973年10月に当時の田中加吾首相がモスクワを訪問したとき、和平合意案は提示されなかった。

日本の北部領土といわゆるロシア南部のクルレスをめぐる数十年にわたる待ち行列は、両国が第二次世界大戦後の和平協定に署名することを妨げました。

ロシアのプーチン大統領は、1956年の日ソ共同宣言が有効であると繰り返し述べ、日本との和平協定の締結後、ロシアはシコタン群島と歯舞群島を引き渡すと述べた。

ソビエト外務省、KGB国防庁、国防省は、北京が東京との外交関係の正常化を急いでいるため、日本とソビエト連邦との関係の進展を複雑にする中国の意図を警告した。

政治局は、日本との和平協定の調印を外交アジェンダの最優先事項の1つと見なし、2つの小さな島の返還に基づく交渉戦略を追求した。

しかし、政治局は、グナシリ島と択後島の撤退を求める日本の要請を拒否することに同意した。

文書は、ソビエト連邦が和平協定を通じて日本との国境を定める必要性を明確に認識していることを示した。

日米同盟に警戒していたソ連は、ジゴンと国に駐留する米軍に、シコタンと歯舞群島を引き渡す見返りに攻撃しないという保証を要求した。

モスクワはまた、東京からの経済協力の獲得に焦点を合わせた。

和平協定草案は、双方が実際の力で脅迫することを禁止し、また他の人々が軍事的損害の行為のために彼らの領土を使用することを許可しました。

草案は、日本が一度帰国した2つの島を恒久的に軍国化すること、そして双方が将来お互いの領土を主張してはならないことを要求した。

しかし、1973年に田中がモスクワを訪問する2か月前に、政治局はそのグリップを強化しました。

同年8月16日の会合で、政治局はタニバの訪問計画について話し合ったが、4つの島の返還に関する日本の立場は変わらなかったと外務省は述べた。

田中の訪問中、ソビエト連邦は両島の解決策を提示せず、地域紛争の存在を認めなかった。

誤った情報と過剰な情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  バミューダでの日米紛争のSailGPドラマティック内部ビデオ