Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソフトバンク、日本でのヌルフォーミング技術の試験運用に成功

ソフトバンク、日本でのヌルフォーミング技術の試験運用に成功

ソフトバンク株式会社が成功した。 日本の北海道にある高地プラットフォームステーション (HAPS) をベースとした無線通信システム向けに円筒アンテナ技術を使用したフィールド試験を成功裏に完了しました。

同社はトライアル中に、HAPSと地上基地局間のスペクトル共有を容易にするために、特定の方向への電波放射を大幅に抑制して干渉を防ぐヌルフォーミング技術の使用を実証した。

逆変調技術は、電波の放射を慎重に方向付けることで、高高度の発電所からの信号が地上ネットワークからの信号に干渉しないことを保証し、同じ周波数スペクトル内で 2 つのシステムの効率的かつ調和のとれた共存を可能にします。 この進歩は、スペクトル使用の最適化と全体的なネットワーク パフォーマンスの向上における大きな前進を表しています。

関連記事:ソフトバンク、5G通信制御システムの試験運用を実施

実証実験の一部には、2022年度に国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)から委託された日本の「ポスト5G研究開発推進事業」の一環であるソフトバンクの研究プロジェクト「航空プラットフォーム向けCPSを活用したダイナミックエリア最適化技術」が活用された。

同社はまた、高高度プラットフォームステーションと通信デバイスの間でデータを送受信するための「サービスリンク」として円筒形アンテナを使用する可能性も検討しました。

この実験では、地上基地局と、空中基地局として機能する円筒形アンテナで高高度に繋がれた気球を配置することにも焦点を当てました。 両方の局の通信エリア内のモバイル デバイスは、ヌル変調技術を使用して同じ周波数で動作し、干渉を効果的に制御および低減します。

関連記事: ソフトバンク株式会社 GenAI によるカスタマー サポートの変革

ソフトバンクは厳格なテストを実施し、ゼロ変調技術を使用すると、地上基地局の近くにあるデバイスの接続速度が向上する一方、航空基地局の近くにあるデバイスには影響を及ぼさないことを確認しました。

このシステムはステーション間の干渉を軽減することに成功し、実際の状況での実用的な応用を実証しました。

ネットワーク ニュース: ソフトバンク、SRv6 MUP を使用した 5G MEC テクノロジーを試験運用

続きを読む: ソフトバンク株式会社人工知能向けの高レベルの生成コンピューティング プラットフォームを開始

関連:ソフトバンクとHAPSモバイル、HAPSシステム向け電波伝播シミュレータを開発

READ  2022 年 12 月に発表された PS Plus Essential PS5 および PS4 ゲーム