Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソフトバンクが日本で低帯域幅のモノのインターネット (IoT) 接続サービスを開始

ソフトバンクが日本で低帯域幅のモノのインターネット (IoT) 接続サービスを開始

ソフトバンクは、グローバル IoT プロバイダー 1NCE GmbH (1NCE) の低帯域 IoT 接続サービス「1NCE IoT 定額」の国内法人向け販売を開始した。

1NCE は、さまざまな業界で使用されるセンサーとアクチュエーターの IoT 接続の提供を専門としており、現在、140 以上の国と地域でサービスを提供しています。 IoT 市場の成長を背景に、1NCE は非常に手頃な価格で低帯域幅の IoT 接続に対する顧客のニーズを満たすことで急速に拡大しました。 同社は、主にヨーロッパと米国で、10,000 社を超える企業のグローバルな顧客基盤を構築しています。 ソフトバンク グループからの投資を受けて、ソフトバンクは 2022 年 4 月に 1NCE の株式を取得し、日本を含む 19 のアジア太平洋市場で 1NCE のサービスを独占的に販売する契約を締結しました。

ソフトバンクは、IoT 接続あたり 2,200 円 (税込、最大 500MB) という驚異的な低価格で、日本市場で 1NCE IoT 定額の販売を開始します。 1回限りの頭金の後、接続は最大10年間利用できます。 1NCE IoT 定額料金のお客様は、追加料金なしで、140 を超える国と地域からなる 1NCE のグローバル ネットワークを利用できます。

低帯域幅サービスに特化した 1NCE IoT フラットレートは、接続数が少なく、低コストの要件がある狭帯域幅通信アプリケーションに最適です。 適切なユース ケースには、建設および工場の設備管理、物流における資産追跡、スマート メーター、スマート デバイス接続などがあります。 また、1回の接続で登録できるため、研究開発や実証実験など、商用化前のアプリケーションの確認にも適しています。

ソフトバンクは、「ワンNCE IoT定額」の提供により、お客さまのモノのインターネット利用とデジタルトランスフォーメーション(DX)に貢献していきます。 ソフトバンクは、日本以外のアジアの国や地域でも 1NCE IoT 定額サービスを展開する準備を進めています。

サービスの特徴 ・1回の接続につき2,200円(税込)の一括払いで、最大10年間500MBのデータ接続が可能(要事前決済) ・SIMカードは1枚からオンラインで購入可能 ・Plus Japanでは、ローミング、1NCE IoT 定額接続は、140 以上の国と地域で追加料金なしで使用できます。機能には、SIM カード、接続管理プラットフォーム (CMP)、顧客がシステムを接続データと統合できるようにする API、および OpenVPN が含まれます。チャネルの作成 安全なデータなど – オプションの同梱機能には、eSIM および IPSec-VPN (企業の Web サイトとローカル ネットワークを接続する高度に安全なネットワーク) が含まれます。

READ  Google Pixelの顔変更ツール、AI操作を巡る論争が巻き起こる