Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソフトバンクが日本で発表したライカフォン

ソフトバンクは、ライカブランドの携帯電話を日本市場向けに発売すると発表した。 ライカは以前、電話カメラシステムにその名前を付けていましたが、このLeights Phone 1は、ライカブランドや象徴的な赤い点のスマートフォンよりも初めて好まれました。

カメラのセットアップは、このようなデバイスにとって間違いなく非常に重要であり、ここのハードウェアは間違いなく並外れたものです。 それは、19mm相当のf / 1.9紫外線レンズを備えた単一の20メガピクセル1インチセンサー(他の電話の中で最大)を備えており、他の焦点距離にはデジタルズームを使用する必要があります。

もしそれが知られていたら、シャープは一ヶ月前に同じことを発表したでしょう。 Aquos R6には、同じLeicaブランドのカメラシステム(Leeds Phone 1ではるかに大きく見える)と、120 Hz Pro IxoLEDスクリーンなどの他の仕様があります。

Leights Phone1の箱入りパーツ。

一方、AquosR6にはレンズキャップとマッチングケースは付属していません。

SoftbankはAquosR6をLeightsPhone 1と一緒に販売しており、2台の電話の背後にある類似性を曖昧にしようとはしていません。 代わりに、R6はライカカメラを愛する人のためのモデルになり、ライトフォン1はライカのハードウェアデザインを高く評価する人のためのモデルになります。 その上、既存の製品を赤い点でねじるよりも、ライカの伝統に沿ったものは何でしょうか?

ロイズフォン1の予約は明日日本で始まります。 料金は187,920円、約7,700円です。

READ  PlayStation Partner Awards 2021 JapanAsiaは12月に開催されます