Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソフトバンクは、その先駆的な「人間」のペッパーボットのプラグを引っ張っています

ソフトバンクグループ株式会社は、ロボットペッパーの生産を停止し、孫正義が人工知能と技術への野心の象徴として個人的に擁護したプロジェクトを今のところ中断している。

ソフトバンクの広報担当者によると、日本企業は在庫が増えた後、8月にロボットの組み立てを198,000円(1,790ドル)で中止したが、将来的に生産を再開することを決定する可能性がある。

彼女は、同社は現在、約330人を雇用しているフランスのロボット工学部門と、解雇の可能性について話し合っていると付け加えた。 不明な情報源を引用した以前のレポートによると、ソフトバンクは9月までにフランスでのこれらの仕事のほぼ50%を削減する予定です。

ソフトバンクのロボット工学への最初の進出であるPepperは、2014年の時点で、ホームコンパニオンおよび店員として販売されています。 感情に恵まれた最初のマシンとして宣伝されたPepperは、米国から日本へと積極的に宣伝し、通常は店員、受付係、翻訳者が行う作業に十分対応できる高度なツールであることを約束しました。

ロボットは人間のようなボディーランゲージを表現し、アイコンタクトを維持し、限られた短い会話をすることができましたが、実際に普及することはありませんでした。

現在、台湾のiPhoneメーカーであるHon Hai Precision Industryによって組み立てられたPepperは、ホンダモーターのサッカーをするASIMOとソニーグループのQRIOヒューマノイドに参加する予定です。 日本国外の実用的でないロボット。

ソフトバンクのロボティクスグループは、2012年にアルデバランロボティクスSAを買収して設立されました。フランスのエンジニアは、扱いにくいソフトウェアに関する苦情など、東京のマネージャーと衝突したと言われています。

Pepperの主なセールスポイントであるエモーションエンジンは、ロボットが異なる状態間を非常に速く異常に移動していることをエンジニアが発見した後、つまずきになりました。 これまでに製造されたのは27,000台のみであると報告されています。

2018年、ソフトバンクは企業の床を掃除するWhizと呼ばれるより実用的なロボットを発表しました。 Pepperは車輪で動くことができますが、通常は置かれたままで、Whizの動きの発達が欠けています。

ソフトバンクの幹部によると、ロボットがデビューしたとき、人々はペッパーが掃除機を使用できるかどうかをしばしば尋ねていました。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  ミャンマーの日本企業の従業員は経済制裁を好む