Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソフトバンクは、年間純利益で450億ドルの日本の記録を記録します

投資大手のソフトバンクグループは水曜日に年間458億ドルの純利益を発表しました。これは、昨年の記録的な損失から回復するためにテクノロジー株の反発の恩恵を享受したため、日本企業にとって史上最高です。

投資家に転向した通信大手は、1,000億ドルのビジョンファンドを通じて、シリコンバレーの大手企業のいくつかと、人工知能からバイオテクノロジーまでの主要な新しいベンチャーに資金を注ぎ込んでいます。

ソフトバンクは声明のなかで、「同社が投資戦略に注力しているテクノロジーセクターは、流行に立ち向かうためのデジタルサービスの急速な採用によってプラスの影響を受けている」と述べた。

「しかし、流行に関連する不確実性に照らして、現在のプラスの影響が続くという保証はありません。」

2020-21年の純利益は4.99兆円(458億ドル)で、目標を上回り、世界で最も収益性の高い企業の1つに数えられています。

ソフトバンクは2019年から2020年にかけて、オフィスシェアリングの新興企業であるWeWorkへの投資をきっかけにエピデミックが悪化し始め、過去最悪の9,616億円の純損失を報告した。

しかし、Covid-19の封鎖の効果が大部分有利だったため、すぐに利益を取り戻しました。

ソフトバンクが支援する韓国の電子商取引大手クーパンは、シャットダウン中に人々がオンラインで買い物をするために群がったため、3月に新規株式公開(IPO)で40億ドル以上を調達しました。

米国の食品配達アプリDoorDashに対するVisionFundの出資比率も、12月の新規株式公開後に大幅に上昇しました。

-「黄金の卵」-

同グループによると、ウォール街でのテクノロジー株の上昇により、投資、特にビジョンファンドの株が連結で7.53兆円の利益を上げたという。

フォーブスによれば、日本で最も裕福な孫正義CEOは、2月にビジョンボックスを「金の卵を産むガチョウ」と称賛した。

ソフトバンクを投資の巨人に変えた後、サンは時々問題を抱えたスタートアップへの彼のコミットメントの批評家と戦い、彼の大規模な資産売却プログラムについての疑いを退けました。

東海東京研究所のアナリスト、石野正彦氏は、ソフトバンクは日の出時に給餌するべきだと述べた。

「収穫時期」という言葉が正しいかどうかはわかりませんが、3、4年前の会社の投資後の結果を見る時期が来たのは事実です、と彼は決算報告の前にAFPに語った。 。

「(ソフトバンクの好業績)の背後にある主な要因は、米国と世界市場の上昇です。ソフトバンクが投資した企業の多くが米国に上場しているため、これは強力な推進力です」と彼は説明しました。

石野氏は、2008年から2009年の金融危機以降、ウォール街の全体的な市場価値が上昇したことで、「投資収益率を得る機会が増えた」と語った。

ソフトバンクは近年、カリフォルニアを拠点とするUberから中国のDidi Chuxing、シンガポールのGrab、インドのOlaまで、世界中のタクシー注文プラットフォームに多額の投資を行ってきました。

ソフトバンクは1月、米国の大手運輸会社の価値が上昇した後、Uberの主要株主であるにもかかわらず20億ドル相当の株式を売却すると発表した。

日本のグループは先月、倉庫自動化技術を開発しているノルウェーのロボット工学会社AutoStoreの40%の株式を28億ドルの取引で購入すると発表した。

Nf-カフェイン/日

READ  3回の増援と交換用のジニーウィジナルダムの到着後、リバプールがどのように並ぶことができるか