Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソフトバンクは日本の医療サービスを標的に…

ソフトバンクは日本の医療サービスを標的に…

ソフトバンクグループは、米国企業Tempus AIとの合弁会社を通じて、AIを活用したヘルスケアデータ分析サービスを日本で展開する計画で、1~2年以内の開始を目指していると報じられている。

日経アジア 同氏は、両社が共同プロジェクトの株式の50%を所有する予定で、当初価値は約300億円(1億8,800万ドル)で、プロジェクトの作業は来月から開始されると述べた。

両社は患者データの収集と分析を開始するほか、日本の病院や大学からの写真を使用して人工知能モデルをトレーニングし、患者に共通するパターンを表示する予定だ。

このサービスは、医療サービスの向上を目的として病院に提供され、当初はがんの傾向を対象としており、その後心臓病も対象に拡大していきます。 ニッキ・アジア 言及された。

合弁会社は日本で設立後、東南アジアを含む海外市場へも展開していきます。

Tempus AIは2015年に設立され、4月にソフトバンクグループから2億ドルを調達した。 Googleもサポーターとして数えている。

今月初めにナスダックに上場し、評価額60億ドル以上で4億1000万ドルを調達した。

米国では、人工知能を使用して医療検査を解釈し、専門家が患者により正確な治療を提供できるよう支援する医療診断会社として事業を展開しています。

同氏は、ソフトバンクCEOの孫正義氏が今週記者会見を開き、Tempus AIとのプロジェクトの詳細を発表する準備をしていると付け加えた。 ニッキ・アジア

READ  犬はオートミールを食べても大丈夫ですか? オーツ麦の予期せぬ利点について学びましょう。