Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソーシャルメディアが日本の女性たちを人力車に急ぐ動機にしている

ソーシャルメディアが日本の女性たちを人力車に急ぐ動機にしている

R人力車の運転手、秋元由佳が夏の暑い日差しの下、東京の街を延々と走り、フランス人観光客2人が黒い二輪人力車の後部からの景色を楽しんでいる。

45分間のツアーが終わると、21歳の彼女は客の前で深々とお辞儀をし、傷ついた手のひら(清潔な布で覆われたもの)を差し出し、カップルが下船するのを手伝う。 赤くなった顔に汗が流れ出ている。

秋元さんは、東京で人力車を引くことを選んだ数少ない女性の一人である。ソーシャルメディアを通じて男性中心のこの職業に惹かれ、その結果、これらの女性たちの中には地元や海外からの強い支持者ができたのだ。

浅草の雷門を人力車が走る

(ロイター)

秋本由佳さん(21)は浅草周辺のガイドツアー中に汗を流す

(ロイター)

カートの重さは最大250キログラム(551ポンド)にも達するため、「最初はとても大変だったということは否定しません」と彼女は語った。 「私はアスリートではないので、ベビーカーは重すぎると感じました。」

彼女は今、自分の仕事が大好きで、体力のある限り働きたいと語っています。 彼女の首にはロープがかけられており、「私は諦めたくない」と書かれています。

秋元さんは、パンデミックにより東京ディズニーランドで仕事を始める計画が妨げられた後、2年前に東京人力車に入社した。 観光地である浅草を中心に事業を展開する同社は、現在従業員90人のうち約3分の1が女性であり、より多くの女性の採用を目指しているとしている。

伝統的なつま先が分かれた靴下を履いた秋元さんとチームメイトは、天候に関係なく、1 日平均 20 キロメートル(12 マイル)を歩いたり、人力車で走ったりします。

チケット売り場内で休憩する新人人力車運転手の新井涼さん(19)

(ロイター)

人力車の運転手、吉田詩織さん(28)が観光客を浅草のガイド付きツアーに誘う

(ロイター)

鈴木アキナさん(19)はツアー中に台湾の家族の写真を撮る

(ロイター)

オフィスで朝礼に出席する従業員

(ロイター)

人力車の運転手は体力に加えて、東京に関する豊富な知識と、観光目的で雇うことが多い観光客を呼び込む方法の知識を持っている必要があります。

東京人力車によると、最も人気のあるドライバーの月収は全国平均の3倍にあたる100万円(6,730ドル)以上で、応募者全体の10%にも満たないという。

引き手はソーシャル メディアで積極的に宣伝し、直接注文するリピーターを獲得します。

大学生の桜井弓香さんが同社に入社するきっかけとなったのは、ソーシャルメディアの投稿だった。

「熱心に訓練し、人力車の運転手になる女性たちのビデオをたくさん見ました。彼らは私に、頑張ればできるという自信を与えてくれました」と20歳の彼女は語った。

研修生の桜井弓香さんがクラスメートから人力車のレッスンを受ける

(ロイター)

(ロイター)

4 か月の訓練を経て、友人や家族の反対を乗り越え、今では自分の車両で乗客を運ぶことに誇りを持っているとサクライさんは言います。

矢野詩織さん(29)は9年の経験があり、仕事の要求と家族の要求を両立させている。

元フィットネストレーナーは出産後、4年間の休暇を取った。 彼女は現在、1日8時間人力車を引き、急いで娘を保育園に迎えに行き、その後家に帰って夕食の準備やその他の家事を行っている。

人力車の運転手、吉田詩織さん(28)と娘のゆいちゃん(3)が仕事後に同僚と会う

(ロイター)

「外から見るとこの仕事は華やかに見えましたが、男性ドライバーの採用を断られるなど、大変な時期もありました」と矢野さんは語る。 しかし、彼女は仕事が楽しいので今後も続けると語った。

東京馬車の西尾良太社長は、「女性はそのような肉体的にきつい仕事をするべきではない」という苦情を受けることがあるという。 同氏は、女性の車引き客がセクハラに直面したり、男性客から知識を問われたりすることがあるとも付け加えた。

「私たちは男性の引き手も女性の引き手も全く平等に扱います」と西尾氏は語った。 「女性は男性と同じように扱われたいと言いますが、実際にはもっと厳しい人が多いのです。」

仕事後に人力車を掃除する運転手の鈴木明奈さん(左)(19)と大歳美里さん(30)

(ロイター)

写真 加藤一茶著

ロイター

READ  日本企業は過去30年間で最大の賃上げを実現し、賃金上昇率は拡大中