Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

タイ、準々決勝日本戦苦渋の敗退

タイ、準々決勝日本戦苦渋の敗退

タイは昨日、中国の蘇州で開催された2023年スディルマンカップの準々決勝で敗退した。

蘇州オリンピックスポーツセンターで行われた準々決勝で、タイは日本に3対2で敗れた。

男子ダブルスのデチャポル・プアバラヌクロ/キティヌポン・ケドレン組は、日本が準々決勝で韓国と対戦し、決定戦の第5試合で保木拓郎/小林有吾組に21-19、10-21、18-21で敗れた。

ディスシャボルと混合ダブルスのパートナーであるサブシリ・テラタナチャイは、開幕戦で山下恭平と篠谷成に21-19、21-23、13-21で逆転負けを喫した。

ポーンパウィー・チョチュウォンはタイを山口茜との激戦勝利で調子を上げ、試合最下位から盛り返してトップランクの日本を19-21、21-17、21-11で退けた。

男子シングルスではコンラフト・ヴェテダーンが奈良岡広大を21-12、21-13で破り、タイが再び勝ち上がった。

しかし、女子ダブルスのユンコルバン・キタラクンとルウェンダ・ブラジョンジャイ組は、松山奈美と志田千春組の日本人組に17-21、22-20、18-21で敗れ、準々決勝で敗退した。

これに先立ち、台湾に4度勝っている韓国が3-1で勝利し、混合団体トーナメントで初めて準決勝に進出した。

夜のセッションでは、12回の優勝記録を持つ前回王者の中国は1989年の第1回大会優勝国インドネシアと対戦する予定で、デンマークはマレーシアと対戦する予定だった。

2年に一度の大会の今年は、結果が2024年パリオリンピックの出場資格にカウントされるため、さらなる利点がある。

中国は、昨年の北京冬季オリンピックの開催地がウイルスセーフな「バブル」の中で開催されたにもかかわらず、新型コロナウイルス感染症の影響で3年以上ぶりに世界スポーツに復帰しようとしている。

READ  フォーミュラ1は3つのヘッドを持つチームを怒らせるリスクがあり、2022年に23レースを記録します| フォーミュラワン