Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

タイと日本は東部経済回廊の工場を後押しすることに合意した

Kannett氏は、彼のオフィスとJETROは、EEC内の10,000の工場を増強し、5年以内に生産コストを30%削減するために、生産を自動化システムに切り替えることを目指していると述べました。

タイの東部経済回廊(EEC)事務所は、EEC事務所と日本貿易振興機構(JETRO)が協力して、日本や他のEECベースの企業がデジタル製造プラットフォームをさらに活用して生産コストを削減することを奨励することを約束したことを明らかにしました。 。

EEC事務局長のKanitSangsopan氏は、彼のオフィスとJetroは、欧州経済共同体の10,000の工場を増強し、5年以内に生産コストを30%削減するために、生産を自動化システムに変換することを目指していると述べました。 この変革により、タイの産業は、より高い価値を生み出すことができるより高度な技術に依存するようになる可能性があります。


EECは5年間で12の対象産業に供給する475,000人の労働者を生み出すことを目指しており、来月立ち上げられるEECオートメーションパークは目標を達成するための人材育成を支援すると述べた。 EECは、来年は200のプラントが自動化システムを実装し、10,000のプラントすべてが5年以内に自動化システムを使用して変換されると予測しています。

カニット氏は、5Gネットワ​​ーク、デジタルおよびスマートファクトリー、データセンター、クラウドサービス、デジタルプラットフォーム、および自動化へのタイの投資は、今後3年間で5,000億バーツと推定されると付け加えました。 (NNT)

EECは5年間で12の対象産業に供給する475,000人の労働者を生み出すことを目指しており、来月立ち上げられるEECオートメーションパークは目標を達成するための人材育成を支援するとKanit氏は述べた。


READ  疫学的不確実性の中で日本経済を支援するための措置