Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

タイソン・フューリー対オレクサンドル・ウシクが5月18日に延期、プロモーターが棄権には罰金1000万ドルと脅す

タイソン・フューリー対オレクサンドル・ウシクが5月18日に延期、プロモーターが棄権には罰金1000万ドルと脅す

タイソン・フューリーとオレクサンドル・ウシクの間で待望のヘビー級タイトル統一戦の新たな日程が決定した。

の特別速報版の中で、 総合格闘技ウォッチ、サウジ国王の顧問、そしてフューリー vs. ウシク対トルキ・アル・シェイクは、試合は5月18日に行われると発表した。 アル・シェイクはインセンティブとして、もしどちらかの戦闘機が歴史から撤退した場合、その戦闘で財布から1000万ドルを失うだろうと述べた。 彼は戦う。

「ウシクが怖がっているなら、私が彼に電話します」 [Anthony] 「ジョシュア対タイソン」とアラル・シェイクは言った。 「タイソンが怖がるなら、ウシクが望むファイターなら誰にでも電話する。この件には私の名前が載っている。我々には双方に保証があり、彼らももうそれを知っている。」

フューリーとウシクは両方とも特別番組に出演し、新たな日程で合意した。

試合の場所は変わらず、フューリーとウシクはサウジアラビアのリヤドで激突する予定だ。 アル・シェイクは、2月17日に予定されていたヘビー級戦の開催は行われないと発表した。

この試合により、誰もが認めるヘビー級チャンピオンが決定します。 ウシク(21勝0敗、14KO)はWBA、IBF、WBOのタイトルを保持し、フューリー(34勝0敗1分、24KO)はWBCのタイトルを保持している。

試合は当初2月17日に行われる予定だったが、フューリーは練習中に深刻な中断を喫し、欠場を余儀なくされた。 このニュースが報じられた後、フューリーがリングでスパーリング中に肘を痛めた様子を映したビデオが公開された。

「スパーリング中の怪我については誰にもどうすることもできない、それは起こることだ」とフューリーは土曜日に自身の怪我について語り、病院で治すのに11針縫う必要があったと付け加えた。 「これまで一度も食べたことがなく、すべてが初めてです。」

アル・シェイクは、フューリーのキャンプに「特別なカメラ」を設置し、彼のトレーニングを監視し、チャンピオンの負傷を確認していると付け加えた。 ウシクさんはその知らせを聞いて「微笑んで」トレーニングを続けたと語った。 ウジーのマネージャー、エグリス・クリマス氏は納得していなかった。

「おそらく、あなたが割礼を受けようと思えば、割礼を受けるでしょう。」 クリマスは言った。 「彼はウシクと戦いたくなかったからだ。怖がっているからだ。」

「人生で最高の給料を得るために戦って、10週間もトレーニングキャンプで過ごしたくないのはなぜだろう」とフューリーは答えた。 「どうして?なぜ私は戦いたくないの?」

「だから、前回彼と戦いたくなかったんだ」とクリマスは答えた。

」[Usyk] 「前回は抜いたんだよ」フューリーは吐き捨てた。 「お前は人生で一度も戦ったことのない野郎なのに、私を卑怯者呼ばわりするんだ、この野郎」

当初は、ウシクが2月17日のカードに残り、必須の挑戦者フィリップ・フルヨヴィッチと対戦する可能性があるという話があった。 しかし、サウジアラビア王室顧問トゥルキ・アル・シェイク氏はその後、フューリーとウシクの試合は「後日延期され、チケットは一般に返却される」と発表した。 アル・シェイクは土曜日、フルヨビッチには3月8日の対戦カードで戦う機会があると語った。

フューリーのかつての対戦相手、元UFCヘビー級チャンピオンのフランシス・ガヌーはこのニュースに即座に反応し、3月8日の統一王座を賭けたアンソニー・ジョシュアとの試合になることを示唆した。

さらに、アラル・アル・シェイクは、アルトゥール・ベテルビエフとドミトリー・ビボルのライトヘビー級タイトル統一戦が6月1日にリヤドで開催されると発表した。

READ  日本のバスケットボールチームのコーチを楽しんでいるマット・アキーノ