Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

タッカー・カールソン、モスクワでのプーチン大統領との「未編集」インタビューを認める

タッカー・カールソン、モスクワでのプーチン大統領との「未編集」インタビューを認める

タッカー・カールソン氏は、ウラジーミル・プーチン大統領にインタビューするためロシアを訪れていることを認めた。

数日間の憶測の後、元FOXニュースアンカーは、国の首都で撮影されたビデオをX(公式Twitter)で共有した。

「私たちはモスクワにいます」と彼は言った。

「今夜、我々はロシアのウラジーミル・プーチン大統領にインタビューする。すぐにそれを行うつもりだ」と彼は言った。

カールソン氏のインタビューは、同国が2年前にウクライナに侵攻して以来、西側ジャーナリストがロシア指導者にインタビューするのは初めてとなる。

カールソン氏は4分間のビデオで「このようなインタビューを行うことには明らかにリスクがある」と述べ、「そこで私たちは数カ月かけて慎重に考えた。だからこそそうしたのである。第一に、それが私たちの仕事だからだ。私たちは」と付け加えた。私たちの義務は、全世界を再構築しつつある2年間の戦争を経て、人々に情報を伝えることです。

「ほとんどのアメリカ人は気づいていません。」

カールソン氏は「われわれはウラジーミル・プーチンを愛しているからここにいるわけではない。米国を愛しているからここにいる。われわれは繁栄と自由を維持したいのだ」と語った。

「今回の旅費は私たち自身で支払いました。政府や団体からは一切お金を受け取っていません。また、インタビューの視聴料も請求しません。」

同氏は、インタビューは「編集されずに」自身のウェブサイトに掲載され、Xで共有されると述べた。

READ  日本地震 - ライブ: 死者数が48人に増加、救助隊員は「時間との戦い」