Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

タリバンがアフガニスタンの首都に到着すると、日本は大使館を避難させる

日本政府筋は日曜日、カブールの日本大使館からすべてのスタッフを避難させる準備ができており、タリバーンの過激派がアフガニスタンの首都への政権交代を求めていると述べた。

大使館には12人の日本人スタッフが働いています。 米国は、政治危機の中で大使館職員をヘリコプターで避難させた。

「状況は非常に急速に成長しています」とそれらの情報源の1つは言いました。 「私たちは、米国およびヨーロッパ諸国と協力して情報を収集しています。」

タリバーンの武装勢力は日曜日にカブールに入り、数日以内に権力を掌握することを望み、外国の外交官や多くの地元住民が去ろうとしても、以前の厳格なイスラム支配を緩和することを約束した。

9月11日の同時多発テロで米軍主導の軍隊に倒されてから20年後にアフガニスタンに戻る準備をしていた過激派は、落雷後、ヘリコプターで米大使館から避難した。

アフガニスタン内務省の高官は、タリバーンの過激派が「あらゆる側面から」首都に到着したと述べた。

しかし、戦いについての情報はありません。

タリバーンのスポークスマンJabihullahMujahidは、グループは平和的に降伏するために親欧米政府と話し合っていると述べた。

同氏は声明のなかで、「タリバーンの戦闘機は、平和的で満足のいく権力の移転が合意されるまで、カブールへのすべての入り口で待機していなければならない」と述べた。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  レーガンは海上自衛隊と連携