Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ダイソーがラスベガスに2店舗をオープン

日本の人気ディスカウントストアであるダイソーは、ラスベガスに少なくとも2店舗をオープンすることを計画しており、米国での店舗数を拡大するためのより広範な計画の一環として、ネバダ州でデビューします。

ROIパートナーの商業用不動産のジョナサンセラーノ氏によると、小売チェーンはレインボーストリートと215ベルトウェイの交差点近くのアロヨマーケットスクエアに店舗をオープンし、トレーダージョーズの近くのサマーリンのダウンタウンに2番目の場所をオープンします。

セラーノ氏によると、ダイソーはアロヨのマーケット広場で約6,000平方フィート、サマーリンのダウンタウンで推定5,000平方フィートを占めるとのことです。 彼は、2つのサイトは2022年春の終わりまでにオープンする予定であると述べました。

ダイソーは通常1.50ドルで、文房具、室内装飾、キッチン用品、ペットのおもちゃなど、さまざまなアイテムを扱っています。

同社のウェブサイトによると、2021年2月現在、同社は日本に3,620店舗、世界24の国と地域に2,200店舗以上を展開しています。 2005年に最初の米国店舗がオープンし、現在ではカリフォルニア、ワシントン、テキサス、ニューヨーク、ニュージャージーに77を超える店舗があります。

これは進化する物語です。 更新をもう一度確認してください。

Subrina Hudson([email protected])に連絡してください。 続く ツイート埋め込み Twitter上で。 レビュー-ジャーナルライターのEliSegallがこのレポートに寄稿しました。

READ  日本の使節は東京が中国と「毎日苦労している」と言います