Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ダイソー:日本のディスカウントストアの億万長者の創業者が死去

ダイソー:日本のディスカウントストアの億万長者の創業者が死去

  • ピーター・ホスキンス著
  • ビジネス記者

画像ソース、 ゲッティイメージズ

日本の小売企業「ダイソー」の創業者で億万長者の矢野博滝氏が心不全のため80歳で死去した。

ダイソーは 100 円ショップと呼ばれる、スターリングストアに似た店です。

矢野氏は 1972 年に最初のディスカウント小売店をオープンし、1 ドル ストア ビジネス モデルの先駆者とみなされていました。

ダイソーはウェブサイトで「非常に悲しいことですが、大創産業株式会社の創業者で元社長の矢野博滝氏が先週月曜日に逝去したことをお知らせいたします」と発表した。

声明は、近い将来追悼集会が開催される予定であると付け加えた。

矢野さんは1967年に中央大学(東京)を卒業後、義父が経営する漁業を倒産するまで経営するなど、さまざまな仕事を経験した。

1972年、29歳のとき、彼は最初の事業として路面店「矢野商店」を設立した。

5年後、彼は社名を「大きなものを生み出す」という意味の「ダイソー」に変更した。 全品100円均一で有名です。

矢野さんと妻の勝有さんは、商品の価格を変えるのは手間がかかりすぎるため、1商品あたり100円にすることにしたと語った。

写真にコメントして、

矢野博丈は1972年に最初のベンチャーを設立した

1990年代に日本経済が停滞し、顧客の価格志向が高まるにつれ、ダイソーは成功を収めた。

矢野氏が開拓したビジネスモデルは今や世界中で普及している。

2023年末の時点で、ダイソーは本国で4,360店舗、世界中で約1,000店舗を展開しており、アジア全域、北米、中東にも店舗を展開しています。

矢野氏がインスピレーションを与えたディスカウントストアと同様に、ダイソーも価格設定のアプローチを適応させる必要があり、現在では商品を 100 円の倍数で販売している。

7万点以上のさまざまな商品を在庫しており、毎月1,000点以上の新商品を開発しているという。

同社は自らを「日本一のリビングサプライヤー」と称する。

ブルームバーグ億万長者指数によると、矢野氏の資産は19億ドル。

READ  中国首相「日本の輸出規制は世界経済を混乱させる可能性がある」