Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ダイナムジャパン、パチンコ事業の回復で2024年上半期は増収増益を見込む – IAG

ダイナムジャパン、パチンコ事業の回復で2024年上半期は増収増益を見込む – IAG

日本のパチンコ店大手ダイナムジャパンホールディングスは、パチンコ店数の増加に支えられ、2023年9月30日までの6か月間で親会社に帰属する純利益が57.8%増加し、9,800万香港ドル(1,260万米ドル)になると発表した。多くのホールにスロットマシンが設置されています。

その結果、同社のパチンコ事業の収益は前年比12.8%増の326万香港ドル(41万8,300米ドル)となり、そのうち173万香港ドル(22万2,000米ドル)が低価格ゲームホールから、153万香港ドル(19万6,300米ドル)となった。 )) ホールのプレーコストが高いため。 ダイナムは以前、運営コストを削減するために低料金の遊技場に注力したいとの意向を表明していた。

同社の小型航空機リース事業の収益は前年比109%増の219万香港ドル(28万1000米ドル)となった。

ダイナム氏は調査結果を説明し、国内活動や入国制限の緩和のおかげで日本経済は回復に向かっていると述べた。

「パチンコ業界では、ホールの休業・閉鎖が続いているものの、2022年11月の導入以降、スマートスロットマシンの利用が安定しており、回復傾向が鮮明になってきている」と述べた。

「当社グループのパチンコ事業につきましては、パチンコ機の利用状況を踏まえ、今年度に入ってから多くのホールでパチンコ機の大幅な台数増加が見られ、大幅な増収を達成いたしました。」また、「スマートスロット」マシンの導入後、電気料金の上昇、パチンコやパススロットマシンから発生する減価償却費、ホールの改修に伴う諸経費をグループが吸収したため、利益の増加が見られました。

「また、吸収分割による事業承継により5店舗がグループに再加入しました。今後も様々な方法で店舗数の拡大を図り、収益性の向上を図ってまいります。」

READ  日本は企業の楽観的な見方とインフレ低下により経済見通しを維持