Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ダイワは敵対的買収に関するアドバイスの日本の禁止を揺るがした、とCEOは言います

日本で2番目に大きな証券会社である大和証券グループ本社のレジデント兼CEOである中田誠司は、2017年5月2日、日本の東京にある本社でロイターと話します。 ロイター/花井徹

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

東京、12月28日(ロイター)-日本で2番目に大きい証券投資銀行である大和証券グループ本社(8601.T)は、企業またはその業界を対象とした取引がCEOに利益をもたらすかどうか、敵対的な買い手に遠慮なく助言します。 ロイターに語った。

中田誠二最高経営責任者(CEO)はインタビューで、「一般的なコンセンサスは、そのような取引を処理するべきではないということです」と語った。 「私たちは今、メリットに基づいてそれらを採用しています」と彼は言い、敵対的な態度が一般的に最も効果的であることを強調しました。

彼のコメントは、敵対的な買収が最大限の軽蔑で見られ、すべてが禁止された日本株式会社内の海の変化を強調しています。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

しかし、彼らは今増加しています。 M&Aコンサルティング会社のRecofによると、2018年までの10年間の最大値は1年に2つだけで、今年の最小値は9つです。

日本企業はかつて企業文化の融合の重荷を受け入れることに消極的でしたが、コロナウイルスの流行により多くの人が成長見通しを再評価することを余儀なくされ、敵対的なオークションを含むM&Aは現在戦略的選択肢としてより魅力的に見えます。

ダイワは4月〜9月に198億円(1億7300万ドル)のM&A関連手数料を計上し、欧米でのスペクトラム取引により上半期の記録を更新した。

ダイワは、2019年に光学製品のメーカーであるHOYAに、東芝(6502.T)チップ機器セグメントの未承諾で最終的にオークションに失敗したことを指示したとき、最初にその資格を確立したと中田氏は語った。

ダイワは昨年、家具チェーン事業者のニトリホールディングス(9843.T)に、リノベーション小売業者の島忠の一方的なオークションで助言した。 その後、島忠はニドーリの購入提案を受け入れました。

($ 1 = 114.4100円)

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

山崎真紀子と新田有希による報告。 エドウィナギブス編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  重要な特許を秘密にするために日本企業に報酬を支払わなければならない-日経