Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ダム、それは美しい:インフラ観光は日本で勢いを増している

日戸観光局はコロナウイルスによる寒さからの回復を計画しているため、東京を拠点とする企業は、ダムや発電所など、日常生活を可能にするインフラストラクチャに関する洞察を一般の人々に提供することを目指しています。

クラブツーリズムインターナショナルは最近、近隣の茨城県への1日バスツアーの申し込みを開始しました。このツアーでは、職員が一般公開されていない施設に数人のゲストがアクセスできます。

10人が参加する11月17日のツアーには、JooダムとKoyamaダムのトレッキングが含まれます。 また、明治時代の1911年に操業を開始し、日本政府の重要文化財に指定された石岡太一水力発電所も見学します。

11月 26日のソロツアーには最大20名の参加者が、制御室と井田ダムの線路、そしてナガ川から日本で2番目に大きい湖であるかすみかオーラに水を汲み上げる施設に連れて行かれます。 トレッキングは、採石場で有名な石切山脈などの伝統的な場所にも停車します。

11月 29回目のツアーは、ナガ川から日本で2番目に大きい湖に水を汲み上げる施設に立ち寄ります。 (茨城県写真提供)

どちらのツアーも3,990円(35ドル)かかります。 カレーとライスのランチプレートがあり、水を覆うダムと関連施設の写真が入った特別なカードが含まれています。

クラブトラベルはこれまで、日本全国でインフラに焦点を当てたツアーを設計しており、茨城での経験を利用して、東京やその他の主要都市の近くでサービスを紹介したいと考えています。

茨城県は、防災意識を高め、地域経済を活性化させるために、インフラを基盤とした観光を推進したいと考えています。

ツアー「ダムカレー」では、地元の食材をランチにご用意しています。 (茨城県写真提供)

READ  最新のコロナウイルス:日本は5000万回の3回目のブースターショットの取引に署名すると報告書は述べています